元柔道全日本監督の井上康生を加藤浩次が直撃!井上を支えた「グッとフレーズ」とは

バラエティ
2021年12月21日

12月21日(火)に放送される『この歌詞が刺さった!グッとフレーズ』(TBS系 後7・00~8・57)でMCを務める加藤浩次が、元柔道全日本男子監督の井上康生を直撃取材する。

本番組は、数ある名曲の「心に刺さった歌詞」に注目し、名曲の魅力を再発見する歌詞特化型の音楽番組第2弾。あいみょん、Mr.Children、中島みゆきなど、“この歌詞が刺さった!” “この歌詞に支えられた!”という「グッとフレーズ」を紹介し、厳しい時代を生きる視聴者に生きる力を送る。10代~50代の世代別の「グッとフレーズ」を紹介していくほか、「落ち込んだ時に背中を押してくれた」「ドラマ主題歌」「衝撃を受けた」など、テーマ別の「グッとフレーズ」に込められた思いを考察していく。

MCを務めるのは“歌詞を読み込む男”加藤浩次。7月に放送した第1弾では「その人の心に刺さった歌詞の話を聞くのが好き! その人の人生や生き様みたいなものが見えてくる気がする」と語り、自ら著名人たちへの取材に乗り出した加藤。今回も著名人を直撃し、心に刺さる「グッとフレーズ」と共に、その人物の人生エピソードを深掘りしていく。

今回、加藤が直撃取材した相手は、柔道家で今年9月に柔道全日本男子監督を惜しまれつつも退任した井上康生。井上は「加藤さんのためなら」と取材を快諾。今回が監督退任後初のバラエティ番組出演となる。加藤は、東京五輪で柔道男子代表を史上最多の5個の金メダル獲得へと導いた井上の監督秘話に迫る。

井上は、大会当時の心境や選手とのエピソードとともに、メダル獲得が絶対と言われ多大なプレッシャーが襲うなかで「選手にとっても支えになった」というある特別な一曲の「グッとフレーズ」を紹介。

井上を取材したVTRをうけて、スタジオゲストの川谷絵音は「(自身は)選手を応援するような歌詞は書けない。この歌詞を自分が歌っても井上さんは頑張れないですね(笑)」と話しスタジオを笑わせた。加藤は「その人から生まれてくる歌詞って大事」と歌詞に隠された魅力をあらためて実感する。

スタジオゲストには川谷のほか、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔や深川麻衣、アンミカ、井上咲楽、上地雄輔、土田晃之など「歌詞を読み解くのが好きな芸能人」が登場する。

番組情報

前列左からゴールデンボンバーの鬼龍院翔、川谷絵音、 MCを務める極楽とんぼの加藤浩次、深川麻衣、井上咲楽。 後列左からアンミカ、上地雄輔、土田晃之、江藤愛TBSアナウンサー。

『この歌詞が刺さった!グッとフレーズ』
TBS系
2021年12月21日(火)後7・00~8・57

この記事の写真

©TBS