ターンテーブル軍とからくり替え歌オールスターズが歌ネタ対決『爆笑!ターンテーブル』

バラエティ
2021年12月22日

12月26日(日)後9・00から『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』(TBS系)が2時間スペシャルで放送される。

この番組は、芸人がアーティストに成り切って自ら作詞、時には作曲し「笑える新曲」を披露するゴングSHOW。旬の人気芸人やタレントたちが、さまざまな「笑える新曲」をターンテーブルを模した巨大回転ステージ上で次々に披露する。歌の半分の時点で、ゲスト審査員が「もっと聴いていたいか」を判定し、審査員全員が「もっと聴きたい」と判定すれば、そのまま完奏することができる。しかし聴きたいと判定しない審査員が1人でもいた場合は、そこで強制終了となる。出場者たちが完奏を目指して本気でチャレンジする“笑う音楽バラエティ”だ。

今回は、同日後6・00から放送の『爆笑!明石家さんまのご長寿グランプリ2021』に出張ターンテーブル。スペシャルゲストであるMCのお笑い怪獣・明石家さんまをはじめ、アン ミカ、かまいたち、佐藤栞里といった豪華ゲストが登場する。

今回は団体戦となり、『さんまのスーパーからくりTV』の人気企画「みんなの!かえうた」で人気を博していたレジェンドたちが、「からくり替え歌オールスターズ」としてまさかの参戦。『爆笑!ターンテーブル』からの刺客「ターンテーブル軍」と対決する。レジェンドたちにはもう何年も会っていないというさんまは、「今どうしているか気になる!」と久しぶりの再会に期待を寄せる。

ターンテーブル軍は、安定感抜群のプラス・マイナス、ターンテーブルの歌姫・ゆりやんレトリィバァ、さんまと親交の深い次長課長の河本準一が登場。一方のからくり替え歌オールスターズは、伝説の無職集団、自虐クイーンに加え、芸能人かえうた王決定戦王者のアーティストが10年ぶりの新作で殴り込み。まさかの登場にさんまも驚いた、そのアーティストとは。そして、からくり替え歌オールスターズのトリを飾るのは、あの“替え歌の帝王”。さんまも絶賛の替え歌力で、スタジオを沸かせる。Official髭男dismの名曲に乗せて披露される切ない歌詞にも注目だ。ハイレベルな戦いが繰り広げられる中、勝利を手にするのはターンテーブル軍か、それともからくり替え歌オールスターズなのか。

番組情報

『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』
TBS系
2021年12月26日(日) 後9・00~10・48

この記事の写真

©TBS