• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

生田斗真&三池崇史監督が撮影秘話を明かす!6・14発売「土竜の唄 香港狂騒曲」

114904_01_R 監督・三池崇史、脚本・宮藤官九郎、主演・生田斗真の3人がタッグを組んだハイテンションコメディ映画の続編「土竜の唄 香港狂騒曲」のBlu-ray&DVDが、6月14日(水)に発売される。

 ある日突然クビになったダメ巡査・菊川玲二(生田斗真)が、潜入捜査官:通称<モグラ>に任命されてしまう抱腹絶倒の大ヒットコミックの待望映画化・続編である本作のBlu-ray&DVDスペシャル・エディションには、300分を超える特典映像が収録される。そのスペシャル・エディションの特典映像として、生田斗真×三池崇史監督による撮り下ろしビジュアル・コメンタリーを収録することが決定し、先日収録が行われた。

映画公開以来、久々の再会を果たした生田と三池監督。映画のオープニングで、真っ裸の玲二(生田)がヘリコプターに釣られるシーンを見た三池監督は「いい体。いつもトレーニングしてるの?」と質問。生田は「ある程度、恥ずかしくない体を維持してる」と明かした。さらに三池監督が冗談交じりに「恥ずかしくない体って、毛のお手入れとか?」と続けると、そこから生田もふざけ返し、映画同様にスタートからハイテンション。オープニングといえば、前作では真っ裸の玲二が車のボンネットに張り付けられ町中を走り回るという前代未聞の衝撃的なシーンについて、前作のコメンタリーでは「普通断るよね」(三池監督)と語っていたが、2作目ともなると“こんなシーンは当たり前”とでもいうようにすぐに次の話題へと移った。

現場では撮影したシーンをほとんどチェックしない、という三池監督と生田。CGも使用している本作ではブルーバックでの撮影も多かったという。「出来上がった本編を見て、イメージ通りになってる?」と聞かれると、「いやぁ、もうちょっと出来たかな~っていつも思う」と答える真面目な生田。三池監督は「でもそうじゃないと、これでピークってことになっちゃうもんね」と、生田の役者としての姿勢に賛同した。

また、「DVD、Blu-rayでは一度止めて確かめてほしい」というこだわりについてもトークを。あえて背景にダンボールのミニチュアを多用し合成しているシーンでは「あそこ、ほらダンボールの切れ端が映ってるよ」と明かしたほか、迦蓮(本田翼)が捉えられているアジトのシーンで、あるセットについて「香港だから、小籠包をイメージしています」と三池監督が細かく解説。主演の生田でさえ知らないこともあり、「うそー!ほんとだー!」と驚くことも。生田自身も「ここ、飛び出してくるの、あれ自分なんです。気付かれていないと思うから、自分から言っちゃいますけど」と自己申告。三池監督いわく「生田くんは、吹替えなし、というのが基本ルール」という本作は、どのアクションも生田自身が体当たりで演じている。背中から海に落ちるシーンでは、「撮影を始めたときは2メートルくらいの高さだったのに、撮り直しをしてるうちに引き潮になっちゃって、結果4メートルくらいの高さになってた」という。三池監督ですら「ギリギリだったよね」という危険な撮影にも、生田は「(自分で)演じるって言っちゃったし、やるしかない」と役者魂を見せつけた。

“5 分に 1 回何かが起きる”というほどアクションシーンが連続の本作は、コメンタリー中にも三池監督が「危ない!」と思わず声を出してしまうほど。そんな中でも、本作での負傷はすり傷程度だったいう生田。三池監督が「今までアクションシーンで大きな怪我をしたことある?」と聞くと、生田は「ないですね。安全第一でやってきているので!」と力強く回答。それに対し、三池監督は「全然安全じゃなかったけど…」と三池組での現場を振り返っていた。

いくつもの現場を経験してきた生田に三池監督は「ここまで出来るんだったら、自分で監督してみよう、って思わない?」と質問。生田は「いや~、ないな~、ないですね~。想像もしたことないな~。(監督って)ものすごく大変じゃないですか。三池組を見てると、楽しいんだろうな~とは思うんですけどね」と返答。それよりも玲二を演じることに「とても開放感を感じる」という生田は、「玲二でいる時間が本当に楽しかった」と撮影を振り返った。その言葉を聞いた三池監督は「聞いた!?これを聞いたみんなはパートⅢを作って!と(製作の)フジテレビにハガキを送って!」と興奮気味。すると生田が「ハガキ!?この時代に?」と思わず突っ込みを入れていた。

収録を終えると生田は「やっぱり、土竜の唄は面白いな~と思いました。あっという間だった。DVDを買ってくれた皆さんには、このコメンタリーを見て、映画を一緒に見ているような気持ちで楽しんでもらいたいです」と感想を。三池監督も「自分で作っておいて言うのもなんだけど、おもしれーな!と思いました。純粋にできるだけたくさんの人に楽しんでもらいたいと正直に思いました」と語った。

ほかにもたくさんの爆笑エピソードや、女優陣の演技のすごさ、前作で岡村隆史が演じたキャラクターに関する裏話などここでしか聞けない貴重なエピソードが明かされたが、この全貌は『土竜の唄 香港狂騒曲』Blu-ray&DVDスペシャル・エディションに収録されるビジュアル・コメンタリーでぜひチェックしてほしい。

「いろんなタイプの映画がある中で、ここまで頭を空っぽにして見終わった後、元気がもらえる映画ってないと思う」と生田が保証する『土竜 の唄 香港狂騒曲』。ビジュアル・コメンタリーのほか、クランクインからクランクアップまで全てを捉えた、ここでしか見られない現場の裏側を完全収録したメイキング映像など、300 分超える特典映像を収録した Blu-ray&DVDスペシャル・エディションは 6月14日(水)リリース。

<リリース情報>
「土竜の唄 香港狂騒曲」Blu-ray&DVD 6月14日(水)発売
【Blu-ray スペシャル・エディション】
Blu-ray1枚+特典DVD2枚 3枚組/7,300円(税抜)
本編ディスク映像特典:予告編集
【DVD スペシャル・エディション】
本編DVD1枚+特典DVD2枚 3枚組/6,400円(税抜)
本編ディスク映像特典:予告編集
◆Blu-ray&DVD スペシャル・エディション共通特典
〔特典ディスク①②映像特典〕
・メイキング映像集
・イベント映像集
・キャストインタビュー集
・特番 映画「土竜の唄 香港狂騒曲」公開記念
・ビジュアル・コメンタリー(生田斗真×三池崇史監督)
〔封入特典〕
・特製ポストカード

【Blu-ray スタンダード・エディション】 4,700円(税抜)
【DVD スタンダード・エディション】 3,800円(税抜)
※Blu-ray&DVD 同時レンタル開始
発売元:フジテレビジョン 販売元:東宝

<作品情報>
交番勤務のダメ巡査、菊川玲二はある日突然クビになり、超危険な犯罪組織への潜入捜査、すなわち“モグラ”としてターゲットを捕まえるべく暴力団・数寄矢会にもぐりこんだ。何度も死にそうになりながら、合間にちゃっかり道程を卒業、警察である身分もなんとか隠し通して生き抜いた玲二。最終ターゲットの数寄矢会会長・轟周宝は捕えられなかったものの、“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也に気に入られ、兄弟の契りを交わしてしまった玲二は極道の世界にさらに深く潜っていく羽目に。
その後、警視庁組織犯罪対策部のエースとして、正義感にあふれるエリート警官・兜真矢が就任。警察官とヤクザの癒着の撲滅を目指す兜にとって、数寄矢会とつながる玲二は許せない存在だった。そんな中、玲二は轟周宝からビッグミッションを託される。それは、極悪非道のチャイニーズマフィア・仙骨竜を打ち倒すこと。そして轟周宝とその娘にして奇跡の処女・轟迦蓮のボディーガードになることだった。まさかの任務を与えられた玲二に、警察の中から海の外から、かつてない危機が次々と襲い掛かる。そしてその裏では、日本中をも巻き込むような、巨大な陰謀が動き始めていた。
■スタッフ
原作:高橋のぼる
監督:三池崇史
脚本:宮藤官九郎
■キャスト
生田斗真、瑛太、本田翼、古田新太、菜々緒/上地雄輔、仲里依紗/堤真一
吹越満、遠藤憲一、皆川猿時、岩城滉一
■公式サイト
http://mogura-movie.com/

©2016 フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM ©高橋のぼる・小学館

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える