• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

稲村亜美がくりぃむしちゅー&林修MCのクイズ特番に初参戦!「もっと頭良ければ…」

125778_01_R 稲村亜美が、6月28日(水)放送のテレビ朝日系『くりぃむvs林修!超クイズサバイバー』(後7・00)に初参戦する。

 くりぃむしちゅーと林修がMCを務めるクイズ特番の第7弾。リニューアルされた今回は、くりぃむしちゅー率いる芸能人チーム50人と、林修率いるクイズ大会優勝者のみを集めたクイズ王チーム10人が早押し対決。稲村は芸能人チームの一員として、“神スイング”ならぬ“神反応”で問題に答えるべく奮闘する。

 収録後、稲村は「テレビで見て想像していたよりボタンが重くて、なかなか押せなくて大変でした。押すタイミングにも迷っちゃって、もっと頭良ければ…と思いました」としみじみ。事前準備として「まず、今までの自分を信じること。それから、高校の教科書を読みました」と明かしつつも「でも、歴史の教科書しか開いてないや(笑)」とオチをつけた。

 得意科目については「昔は社会とか理科が得意でした。今は体育の一択です!」。戦いを繰り広げたクイズ王チームには「違う人間のように感じました。皆さん先読みがすごすぎて。特に“ですがクイズ”は、答え聞いても分からないくらい(笑)。本当にすごかったです」と圧倒されていた。

 また、番組にちなんで“サバイバル”な体験を聞かれると「今まで一番きつかったのは、野球の練習です。中学のときの合宿で、“生卵飲め!”って言われたのが一番きつかったです。本当に死ぬって思いました(笑)」と振り返った。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える