• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

高橋一生が海外ドラマ吹替初挑戦!同い年の主人公役に「36歳は複雑な年齢」

『THIS IS US 36歳、これから』 10月1日(日)からスタートする海外ドラマ『THIS IS US 36歳、これから』(NHK総合)の試写会に高橋一生が出席した。

 本作は恋愛、家族、仕事などで人生の岐路に立つ誕生日が同じ36歳の男女3人の物語を描くヒューマンドラマ。高橋は主人公で人気俳優のケヴィンを演じる。

 今回、海外ドラマの吹き替えに初挑戦した高橋は、「元々役者さんが演じられているものに声を入れていくこと、なぜ僕を呼んでくださったのかということを感じつつ芝居をさせていただいております。自分の肉体が動かせるわけではないのですごく不思議な感じでしたが、共演者の方々のおかげで楽しく収録できましたし、こんなに勉強させていただいていいのかしら、って思いながらやっていました」と収録を振り返った。

 作品については、「とても面白い作品です。お話をいただいたときにDVDを見させていただいて感動してしまって。僕に声をかけてくださるんだったら、『ぜひ!』とやらせていただきました。36歳という年齢は実はとても複雑な年齢だということを客観視できて、深く考えさせられる作品です」と説明。

 現在、主人公たちと同じ36歳の高橋。「やらなければいけないことやその密度だったり、任せていただけるものの比重に奥行きが出てきた」と語る一方で、「僕の場合は20代のころに比べてどんどん体が軽くなっている感じがします。背負うものが大きくなっていってしまうからこそ、どんどん体を柔らかくしていかなきゃいけない」と心境を明かした。

 タイトルにも入っている『36歳、これから』にちなみ、結婚について聞かれると「結婚はタイミングらしいんですよ。『この人だ!』って思う人に出会うといわれているので、そのタイミングが来るのを待っていますが、それで遅くなってしまったら『やっぱり無理でした!』ってこういう場所で発表します(笑)」と話し、会場を沸かせた。

 海外ドラマ『THIS IS US 36歳、これから』は10月1日(日)、NHK総合で後11時から放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える