• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

キャラ濃すぎ!山﨑賢人主演『斉木楠雄のΨ難』LINEスタンプ登場

『斉木楠雄のΨ難』 10月21日(土)公開の山﨑賢人主演映画『斉木楠雄のΨ難』のLINEスタンプの販売が決定した。

 スタンプは全40種類。再現度が高すぎると評判の実写版の超個性的キャラクターたちが、劇中のカットに併せて、らしさ全開のセリフを発している。

 生まれながらにとんでもない超能力を持ちながら、普通の生活を願う、山﨑賢人扮する主人公・斉木楠雄は「やれやれ」と、災難に見舞われてしまっている様子がスタンプに。橋本環奈演じる学園のアイドル照橋心美は「身の程知らずの恋をしてもいいのよ」と、天下無敵の美少女であることを自覚しているが故の腹黒い心の声がそのままスタンプになっている。

 その他にも、高校生離れした外見の自称斉木の相棒・燃堂力(新井浩文)の「お?」や、どっぷり中二病に浸かっている海藤瞬(吉沢亮)の「漆黒の翼」、熱血の学級委員長・灰呂杵志(笠原秀幸)の「もっと熱くなれよオオオ!!」、見た目は真面目そうだが、暴走族の元総長・窪谷須亜蓮(賀来賢人)の「夜露死苦」、トラブルを巻き起こしがちの大人気イリュージョニスト・蝶野雨緑(ムロツヨシ)の「アメージング」、ちょっとエロい校長先生・神田品助(佐藤二朗)の「なるほど」など、キャラクターたちの個性が発揮されている。

『斉木楠雄のΨ難』
10月21日(土)全国ロードショー

<ストーリー>
生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る、斉木楠雄。毎年恒例の一大イベント、文化祭でなぜか斉木に想いを寄せる妄想しまくり美女や、超能力でも気配が読めないぐらいのバカなど、ワケありのクラスメイトたちが無駄に絡んで、災難が次から次へとふりかかりまくる。ただ普通に生きたいだけなのに、何かの陰謀か?やっかいな恋と友情、そして超能力が吹き荒れる!そして、まさかの地球滅亡?!斉木は地球滅亡の危機を乗り越えることができるのか?

出演:山﨑賢人、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗、内田有紀、田辺誠一

原作:『斉木楠雄のΨ難』麻生周一
脚本・監督:福田雄一
音楽:瀬川英史
主題歌:ゆず「恋、はじけました。」
制作プロダクション:プラスディー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント=アスミック・エース

公式サイト:saikikusuo-movie.jp

©麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える