• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

魔裟斗、山本KIDらが格闘技界の次世代スターを発掘!『格闘代理戦争』11・12スタート

『格闘代理戦争』 無料インターネットテレビ局・AbemaTV(アベマティーヴィー)の「AbemaSPECIALチャンネル」で、新番組『格闘代理戦争』が11月12日(日)にスタートする。

 この番組は、「強いヤツの才能は、強いヤツにしか見抜けない!」をコンセプトに掲げ、格闘技界のレジェンドたちによって発掘された原石たちがK-1ルール(キックボクシング/肘なし)で戦い、優勝した選手には今立ち技格闘技イベント「K-1 WORLD GP」を擁する「K-1グループ」とのプロ契約、さらにAbemaTVから300万円の賞金が約束されている「次世代スターを作る格闘ドキュメンタリー」。

 10月29日に放送された事前特番では、「K-1のカリスマ」として一時代を築いた魔裟斗が原石を発掘する「魔裟斗トライアウト」の開催が決定。さらに現役UFCファイターとして活躍する山本“KID”徳郁は、正体不明の秘蔵っ子・スソン選手を送り込むことを宣言した。

 また、総合格闘家の青木真也選手による新生・K-1に対する挑発的な発言が話題となったほか、バルセロナ五輪銀メダリストにして総合格闘家・プロレスラーの小川直也選手に原石発掘の打診をしに行ったスタッフが大激怒された衝撃映像が放送された。

 11月12日に放送される第1回では、山梨県山中湖で台風直撃の中開催された、全国各地から集結した応募者たちによる「魔裟斗トライアウト」の模様を放送。応募者の中には、多額の借金を背負って自己破産、そしてつい最近婚約した波乱人生を赤裸々に語る候補者や、「妹がムエタイ世界チャンピオン」というエリート、「現K-1チャンピオンの武尊選手を倒し自分がスターになりたい」と放言する者まで、さまざまな背景や思いを持つ“原石候補たち”が続々登場する。魔裟斗の目に留まる逸材は見つかるのか。

 そして、山本KIDが「俺も習いたい」と言うほどの逸材・スソン選手がいよいよ登場。その全貌が明らかになる。そして自身もUFCを舞台に活躍し、現在は指導者としても評価の高い総合格闘家の長南亮選手、日本人として初めてWBF世界クルーザー級王座を獲得した元プロボクサーで、PRIDEでも活躍した総合格闘家の西島洋介選手らに、原石発掘を打診する体当たり取材の模様などを送る。

 また、番組ナビゲーターとして、フリーアナウンサーの伊東紗冶子が登場。さらに、オープニングテーマ曲が、約14年振りに復活したKICK THE CAN CREWの新曲「千%」に決定した。

 なお、AbemaTV公式Youtubeでは、「魔裟斗トライアウト」に参加した応募者たちのPR映像が先行公開中。

AbemaTV『格闘代理戦争』
放送日程:毎週日曜 夜11時~深夜0時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

11月12日(日)放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8TQDFEGjNnRnXq
※過去の放送回は「Abemaビデオ」で視聴可能。

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える