• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「天神映画祭」で本村碧唯らが舞台あいさつ『HKT48 6フェス』1日目レポート

「HKT48 6フェス ~LOVE&PEACE!ROCK周年だよ、人生は...~」 誕生6周年を迎えたHKT48が、地元・福岡で11月24日~26日の3日間にわたり、6周年の“6”にちなんで「HKT48 6フェス ~LOVE&PEACE!ROCK周年だよ、人生は…~」を開催した。

 初日となる11月24日は「天神映画祭」を開催。12月27日(水)発売のHKT48のファーストアルバムに収録される48作の短編映画「東映presents HKT48×48人の映画監督たち」の先行上映会を行った。

 48作品で総尺11時間以上の作品は、昼夜の2部に分け、24作品ずつオールナイトで上映を行い、翌25日の朝5時30分に終演。先行上映は、12月15日(土)に東京・新宿バルト9でも開催予定となっている。

 映画祭当日の劇場ロビーは、壁一面が黒で統一され、壁写真もロックテイストに身を包んだメンバーの写真に変わり、各メンバーの手型も飾られた。

 レッドカーペットも敷かれ、ガラリと様子を変えたロビーは映画祭の雰囲気に。舞台あいさつでは、メンバー37人と佛田洋監督、篠崎誠監督、兼重淳監督、橋本一監督、二宮健監督が登壇した。

 重要文化財でもある明治時代に作られた旧奈良監獄(奈良少年刑務所)を特別に借りて、SFアクションに挑戦した坂口理子は「とても自由に演じさせていただけて、いろんなことを仰ってくださる監督さんだったので、良い雰囲気でとても楽しく撮影ができました」と振り返った。

 ホラー作品に挑戦した植木南央は、橋本監督の作品『新 仁義なき戦い 謀殺』に触れ、「台本をいただいたら、本当に怖い内容だったので、当日もしかしたら橋本監督と仁義なき戦いが始まるかもと思ったぐらい、本当に撮影日が怖かった」と話し、笑いが起こるひと幕も。

 ホラーコメディに挑戦した本村碧唯は「人生で初めて(作品の中で)人をののしりました。今まで見たことがない姿が見れると思います!」と作品をアピールした。

 夜の部でも原桂之介監督、上條大輔監督とメンバー7名による舞台あいさつを実施した。

©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える