• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

おぎやはぎ・矢作兼、“神ボディ”片山萌美に思わず本音「こんな愛人いたらいいけどな」

『おぎやはぎの「ブス」テレビ』 無料インターネットテレビ局・AbemaTV(アベマティーヴィー)の「AbemaSPECIALチャンネル」で、『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#45が12月4日に放送された。

 12月4日の放送では、“美人コメンテーター”に片山萌美、自称“ブス”メンバーにお笑い芸人の八幡カオル、アーティストのLUNAが登場。

 最初のトークテーマ「12月に入ったブス」では、世間的に忙しい12月を“ブス”はどんなふうに過ごすのか聞いていくことに。芸人のわたなべるんるんは「私は年賀状を送る準備を始めます。準備と言っても、年賀状を買うとかではなくて、好きな人に年賀状を送りたいという理由をつけて、住所を知れるんで、これ子供の頃からやっている手法です。住所を知れたら手紙も送れるじゃないですか?普通に封筒に便箋で手紙を送るんですよ。そしたら返事が稀に返ってきて、返事の内容とかじゃなく、封筒についている切手って大体舐めてつけてるじゃないですか?切手についた好きな人の唾が最高です」と語り、自称“ブス”メンバーから「怖い!」と悲鳴が上がった。

 LUNAは「12月は恋系がウザイから、海外逃亡ですよ。ワールドワイドに行かないと!基本やっぱ暖かいところに行くようにして、ブラック系が好きだから、西海岸カリフォルニアに行く」と話すと、自称“ブス”メンバーは「カッコいい!」と称賛。小木博明は「一つの逃げ道だよ」、矢作兼も「そもそも、そっちに住んでいるのが似合うしな」と、LUNAの年末の過ごし方に共感した。

 美人コメンテーターの片山にも12月の過ごし方を聞いてみると「寒いんで、できる限り家にいます」と。すると片山の顔をじっと見つめていた矢作が「片山さんの目の周りにホクロがあるってことは、愛人気質なのかもしれない」と、以前番組で占い師が指摘したことを思い出す。「じゃあ、愛人気質なんですかね?」と答える片山に、小木が「過去にそういうことあったんですか?」とツッコむと「それはないですね。面倒くさいのが嫌なんで。(相手が結婚していたら)やめてくれ!って、なります」と否定した。すると、矢作が思わず「こんな愛人いたらいいけどな」と本音を漏らしてしまい、スタジオは笑いに包まれた。

 「ブスだけどHのダメ出しさせていただきます」では、ブスはHの時どんな不満があるのか、自称“ブス”メンバーに聞いていく。すると、ラブホテルでバスローブを着ないでほしい、「イッてもいいよ」とか言わないでほしい、ケツを叩くな、ちゃんと性感帯を攻めろ、勝手にキスマークを付けるな!など、さまざまな不満が語られる。中でも、Hの時お尻を叩くのはあり?なし?、そして男性の下着について白熱したトークが繰り広げられた。

AbemaTV『おぎやはぎの「ブス」テレビ』
放送日程:毎週月曜 夜9時~10時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

12月4日(月)放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/9a92MDcUgEbVBD
※過去の放送回は「Abemaビデオ」で視聴可能。

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える