• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

錦戸亮、主演映画のヒット祈願で健康祈願「できるだけ長く生きたい」『羊の木』大ヒット祈願イベント

 吉田大八監督の最新作で、錦戸亮が主演を務める映画「羊の木」(2/3(土)公開)の大ヒット祈願イベントが神田明神で行われ、錦戸をはじめ、北村一輝、優香、吉田監督が出席した。

 山上たつひこ、いがらしみきおという漫画界に君臨する2人の巨匠がタッグを組み、2014年文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した傑作コミックを、「紙の月」「桐島、部活やめるってよ」の俊英・吉田大八監督が映画化した。

 イベントには、錦戸が前日に溶接工房で自ら制作したという鉄製の“羊の木”が登場。錦戸は通常だと2時間くらいかかるところ、1時間もかからずに作り上げたと言い、「鉄を切って、溶接してきたんですよ。別にどこも苦労するところもなく、すっごい楽しかったです!」と笑顔で振り返った。

 また、この“羊の木”にかける羊型の絵馬に書いた願い事を登壇者がそれぞれ発表。「健康で心豊かにいられますように」(優香)、「健康管理」(北村)と健康に関する願い事がつづく中、「無病息災」とつづった錦戸は、「みんな同じようなやつ!」と笑いながらも「体が資本ですからね。昔は太く短くでいいやと思ってましたけど、今はできるだけ長く生きたい」と心境の変化を明かした。長生きのために心掛けていることを問われると、「何もやってないです。3か月前に新しいジムに入会したけど、まだ2回しか行けてなくて…。何やっても三日坊主なんです」と苦笑い。

 さらに、吉田監督が「“錦戸君って、どうしてあんなに市役所の人に見えるんですか? 何かアドバイスしたんですか?”と言われることが多くて、僕は何もしてません」と錦戸の市役所職員役のハマり具合への反響が大きかったことを明かすと、錦戸も「僕も取材で “どうやってオーラを消しているんですか?”ってすごい聞かれるんですけど、別に消しているつもりはなくて…(笑)。まぁ、そう見えてくれているんだったらラッキーかなっていう感じです」とおどけて見せた。

 映画「羊の木」は、2月3日(土)全国ロードショー。

<作品情報>
映画「羊の木」
■STORY
さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた、互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通に見える彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚がくの事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文(あや)をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める…。
■CAST
錦戸亮 木村文乃 北村一輝 優香 市川実日子 水澤紳吾 田中泯 / 松田龍平
■STAFF
監督:吉田大八
脚本:香川まさひと
原作:「羊の木」(講談社イブニングKC刊)山上たつひこ、いがらしみきお
■公式サイト
http://hitsujinoki-movie.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える