• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『グレイテスト・ショーマン』ザック・エフロンとゼンデイヤのデュエットシーン公開

『グレイテスト・ショーマン』 ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル・エンタテイメント『グレイテスト・ショーマン』から、ザック・エフロンとゼンデイヤのロマンティックなデュエットシーンの本編映像が公開された。

 本作の主人公P.T.バーナムは、19世紀半ばのアメリカでショービジネスの原点を築いた伝説の興行師。妻への一途な愛を糧に夢を追いかけた彼は、差別や偏見の中で立ち尽くしていたエンタテイナーたちにスターになれる場所を提供し、エポックメーキングなショーを創造したことで知られている。

 ザック・エフロンが演じるフィリップは、上流階級の生活を捨て、バーナムの弟子になる。ゼンデイヤが演じるアンは、タブーを破るピンク色の髪をした空中ブランコ乗りで、フィリップは彼女に夢中になる。ゼンデイヤは、「アンとフィリップが、それぞれの皮膚の色のせいで、自分たちが望む形で愛し合えないのは痛ましいことよ」とアメリカの異人種の恋人たちが直面してきた障害を真っ向からとらえた切ないラブ・ストーリーについて言及。そして「彼らにできるのは視線を交わすことだけだった。愛は自分でコントロールできるものではないの」語っている。

 ゼンデイヤはトレーニングに励み、空中ブランコのプロたちと何か月も協力して上半身と体幹を鍛え、恐怖をおさえる方法を学んだ。それが実を結んだのが、到着したエフロンとデュエットした“Rewrite the Stars”のミュージカル・シーンだ。

 「これは典型的な振り付けではなく、かなり突飛な曲芸をやる」とエフロンが振り返る。「ゼンデイヤは空中ブランコがとても上手になっていたから、2人で空中のスタントをやり、ハーネスも使わずに空中ブランコに乗った。美しくユニークなシーンになったし、ある意味、シルク・ドゥ・ソレイユとシェイクスピアの組み合わせのようだと思っているよ」とエフロンは表現している。

 そして、本作で音楽を担当し、『ラ・ラ・ランド』に続いてアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞のW受賞を2年連続で果たすという快挙へ王手をかけているベンジ・パセックは、「これはフィリップが上流階級のルールを捨て去り、アンを追い求めようと決心した瞬間だ。彼は彼女に“自分にはもうルールは存在しないから僕と一緒に夢を見てくれないか”と言う」とこのシーンについて語っている。

『グレイテスト・ショーマン』
2月16日(金)全国ロードショー

監督:マイケル・グレイシー
出演:ヒュー・ジャックマン、ミシェル・ウィリアムズ、ザック・エフロン

配給:20世紀フォックス映画

©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ