• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「神は外!福は内!」瀬戸利樹&松本享恭が豆まきで大ヒット祈願!「仮面ライダーブレイブ&スナイプ」初日舞台挨拶

ブレイブ&スナイプ

 Vシネマ「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」の第1弾「仮面ライダーブレイブ&スナイプ」の初日舞台挨拶が行われ、瀬戸利樹、松本享恭、鈴村展弘監督が登壇した。

「飛彩ー!大我ー!」と観客から声援が飛ぶ中、「俺に切れないものはない」「バーン!」とそれぞれが決めぜりふであいさつすると、会場からは黄色い声援が飛んだ。

 本作に出演するに当たってのポイントを聞かれた松本は、「今回は飛彩と大我がバチバチしているんですが、昔のバチバチとは違っていて。向かい合って争っているんだけど、どこか愛を感じられるようにしたいと思いました」とコメント。瀬戸も「全体的に愛を感じました!」と頷くと、会場から笑いが。「何で?」と不審に思う2人をよそに、鈴村監督が「大我とニコだったり、飛彩と小姫だったりの“愛”でしょ? でも飛彩と大我の間にも愛情や友情も。男同士のドラマでもあるので」と解説した。

 撮影中のエピソードを聞かれると、瀬戸は「劇中でフォークとナイフでサバの味噌煮を食べるシーンがあるんですが、実はシメサバの上に味噌が乗っていて。悪くない組み合わせでなかなかの味でした」と。いっぽう、ゲーム病に侵された役柄故、撮影中に過呼吸になりかけたという松本は、「ゼーゼー言う芝居が多かったので、フラッとして照明にぶつかったり。監督から『周りの物をなぎ倒していいから、苦しさを表現して』と言われて、演じたら背中が傷だらけになっていました」と苦労を明かした。

 またこの日は節分ということで、豆まきも行われた。鬼として、本作で立ちはだかる“檀黎斗神”にからめて、「“神”は外ー!福は内ー!」という掛け声を。「全然飛ばないー!豆まき難しい」と苦戦しながら、笑顔で神退治に励んだ。

「仮面ライダーブレイブ&スナイプ」は絶賛公開中。第2弾「仮面ライダーパラドクスwithポッピー」は2月17日、第3弾「仮面ライダーゲンムVSレーザー」は3月3日よりそれぞれ公開。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える