• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

オクトパス須田&道頓堀白間が激戦制す『豆腐プロレスThe REAL』

『豆腐プロレスThe REAL』『豆腐プロレスThe REAL 2018 WIP QUEENDOM in 愛知県体育館』が、2月23日に東海地方における格闘技の聖地・愛知県体育館で開催された。

 8.29後楽園同様、WIP代表・白金ジムオーナーの矢崎英一郎(渡辺いっけい)による対戦カードの発表からスタートしたWIP QUEENDOM。カードが読み上げられるたびに会場は「オオー!」という大歓声に包まれた。

 第一試合から新旧メンバー入り乱れて白熱のファイトが展開。注目のセミファイナルでは、主力レスラーの引退や失踪による道場の危機を支え続けたロングスピーチ横山(AKB48 横山由依)率いる<ヨコヤマジャパン>が、特別招待選手グレゴリオ杏奈(アジャ・コング)らと共に、WIP屈指の実力を持つヒール勢力<工事現場同盟>と激突。ロングスピーチ横山が“ヨコヤマスペシャル”でボイス山田を沈め、激闘を制し、戦いの果てにより強固なものとなった横山と杏奈の友情に会場が感動に包まれた。

 メインイベント「中日スポーツ杯争奪 タッグマッチ」は、ハリウッドJURINA・シャーク込山(AKB48込山榛香)タッグとオクトパス須田(SKE48須田亜香里)・道頓堀白間(NMB48/AKB48白間美瑠)タッグという異色の組み合わせに。

 フライングJURINA、ブローイングJURINA等の大技を次々と繰り出し、圧倒的な実力を見せつけた女王JURINAの勝利を誰もが確信した瞬間、ダースーベーダーズが介入、そこへまさかのディーヴァおだえり(AKB48 小田えりな)が加勢、混沌とする中、オクトパス須田が勝利をもぎ取る波乱の結末となった。

 試合後、リング上では激闘を終えたメンバーが心情を吐露。オクトパス須田は、前回大会終了後にベルトを強奪したのは、ハリウッドJURINAとの対戦が組まれないというWIPの体制への不満からの行動だとし、今回の勝利を実績として、あらためてJURINAとの頂上対決を誓った。

 道頓堀白間は、ハリウッドJURINAを超えていくための裏切りと告白、強いJURINAとの直接対決を要求。シャーク込山は、あらためて最終的な目標がJURINAであることを宣言した。

 敗北を喫したハリウッドJURINAは、3人から挑戦を受けた形となり、自身がもっと強くなりすべてを飲み込んで勝つ女王になることを誓った。

『豆腐プロレスThe REAL 2018 WIP QUEENDOM in 愛知県体育館』
<試合結果>
■第一試合
「白金ジム」
○ バード高柳(SKE48高柳明音)
バトンかとみな(NGT48 加藤美南)
トルネードたつまき(AKB48 達家真姫宝)
vs
「しゃちほこ連合」
ケンドー松本(SKE48松本慈子)
× バブリー荒井(SKE48荒井優希)
マッチ音葉(SKE48町音葉)

10分19秒 片エビ固め ※PK

■第二試合
「錦糸町道場」
× エブリバディ奈緒(AKB48 太田奈緒)
マイケル下口(AKB48 下口ひなな)
vs
「ダースーベーダーズ(白金ジム)」
○ グイグイ中西(AKB48 中西智代梨)
ミラクルしづか(AKB48大家志津香)

12分16秒 四の字ジャックナイフ固め

■第三試合
「錦糸町道場」
ストロベリー向井地(AKB48 向井地美音)
サックス古畑(SKE48 古畑奈和)
○ MAX中井(NGT48 中井りか)
プロフェッサー田北(AKB48 田北香世子)
9分15秒 反則勝ち
vs
「マッドドッグス(白金ジム)」
× マッドドッグ宮崎(AKB48 宮崎美穂)
オッタマゲ・マ(AKB48 馬嘉伶
カツオ廣瀬(AKB48 廣瀬なつき)
左上せいちゃん(AKB48 福岡聖菜)

■第四試合/WIPインターコンチネンタル王者決定トーナメント 1回戦 第1試合
○ディーヴァおだえり(AKB48 小田えりな)
vs
×ジャンボ佐藤(AKB48 佐藤朱)

9分08秒 おだえり・ブレイクス・アームバー

■第五試合/WIPインターコンチネンタル王者決定トーナメント 1回戦 第2試合
×コマネチ湯本(AKB48 湯本亜美)
vs
○ヤバクネ谷口(AKB48 谷口めぐ)

12分50秒 片エビ固め ※ヤバクネランナー

■セミファイナル/スペシャル6人タッグマッチ
「ヨコヤマジャパン(錦糸町道場)」
○ ロングスピーチ横山(AKB48 横山由依)
モーモー川本(AKB48 川本紗矢)
グレゴリオ杏奈(アジャ・コング)
vs
「工事現場同盟(白金ジム)」
クイウチ松村(SKE48 松村香織)
× ボイス山田(NGT48 山田野絵)
アンチスリップ真木子(SKE48 斉藤真木子)

25分05秒 片エビ固め ※ヨコヤマスペシャル

■メインイベント「中日スポーツ杯争奪 タッグマッチ」
× ハリウッドJURINA(SKE48 松井珠理奈)
シャーク込山(AKB48 込山榛香)
vs
○ オクトパス須田(SKE48 須田亜香里)
道頓堀白間(NMB48/AKB48 白間美瑠)

17分36秒 片エビ固め ※シャイニングウィザード

<コメント>
■ハリウッドJURINA(SKE48 松井珠理奈)
地元凱旋の試合で負けてしまったので申し訳ない気持ちでいっぱいです。でも、たくさんの応援をいただいてそれがパワーになったので、ありがとうって気持ちもあります。地元でもそうでなくても負けたくないという気持ちは変わらないので、強い気持ちでリングに上がりました。「チャンピオンになりたい」「ハリウッド珠理奈を倒したい」という声がよく聞こえてくるようになってきました。色んな人に狙われるのは気持ちいい。それがあるからこそ、WIPは盛り上がるだろうし、これからを楽しみに感じている。不本意な形ですが、ベルトが返ってきました。ベルトは正直なので一番輝ける人のところに帰ってくると思っています。だから私の手の中にある。負けてしまいましたが、ファンの皆さんには「今日の珠理奈は輝いていましたか?」と聞きたいです。ありがとうございました。

■オクトパス須田(SKE48 須田亜香里)
ようやく珠理奈と試合を組ませてもらったので、前回の試合でベルトを強奪してよかった。でもベルトに興味があるわけではなくて、ファンのみなさんに一番楽しいプロレスを提供したかった。ただそれだけです。これからは私が主導権を握っていきます。ダースーベーダーズを期待してくれるひとがいる限り、その想いに応えていきたい。これからも、目を離すんじゃねぇぞ!

■道頓堀白間(NMB48 白間美瑠/兼AKB48)
オクトパス須田と組んだのは初めてでしたが、ハリウッド珠理奈を倒すという想いは一緒でした。私はセクシーさとかっこよさが武器なので、それは存分に見せれたんじゃないかと思います。勝ちましたが私が決めたわけじゃないので、これからはもっと強くなっていきたいんで強い奴と戦っていきたいです。

■シャーク込山(AKB48 込山榛香)
正々堂々と戦うということが、私の中で決めていることなので、今日邪魔されたことは本当に悔しかったですけど、私と珠理奈さんは同じ気持ちで正々堂々と最後まで戦えたことが清々しいです。
私の前に立っているハリウッド珠理奈を早く超えたい気持ちでいっぱいです。自分の気持ちを全てぶつける試合をしたいですね。

■ロングスピーチ横山(AKB48 横山由依)
厳しい場面もありましたけど、グレゴリオ杏奈や錦糸町道場のヨコヤマジャパンの仲間たち、そして会場のみなさんの声援のおかげで乗り越えて勝利にたどり着くことができました。杏奈とはあまり一緒に今日の試合の準備をする機会はなかったですが、前回の後楽園の試合を見て感じてくれたことが大事なので、戦いきることが出来ました。仲間たちとの絆も強くなったので、これからはベルトを狙っていきたいと思います。

■クイウチ松村(SKE48 松村香織)
山田は最後までよく頑張った…うちらはやり切ったよ!そもそもグレゴリオ杏奈を連れてきて、ほとんどあいつに戦わせてるのがありえねぇんだよ!ロングスピーチ横山なんて最後だけじゃねぇかよ!体力残ってんに決まってんだろ!大体うちらがセミファイナルってのが納得いってねぇんだよ!何でハリウッド珠理奈やオクトパス須田がメインなんだよ!ふざけるなよ!新生工事現場同盟、これで終わらねぇよ!

■ブラックベリー向井地(AKB48 向井地美音)
ブラックベリー時代のことを思い出すこともありましたが、ストロベリーとして錦糸町道場に帰ってきてよかったです。色々回り道をした分、一回りも二回りも大きくなって帰ってきました。MAX中井のおかげで勝てた一面もあるので少しは感謝していますが、今日勝てたのは私のおかげだと思います!

©WIP2017製作委員会 ©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える