• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

黒川智花、『警視庁・捜査一課長』で“純愛体質の女”役!自身は「お仕事を優先してしまう」

一課長 2話

 黒川智花が、4月19日放送のテレビ朝日系木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長 season3』((木)後8・00)の第2話にゲスト出演する。

 主演の内藤剛志演じる叩き上げの捜査一課長・大岩純一の活躍を描いた人気シリーズ。第2話は、金額欄は百万円だが中身は千円札一枚という謎のご祝儀袋を持った女性総務課長の刺殺体の謎を捜査する物語。黒川は、彼女の部下の立花美穂役。大岩らから最有力容疑者として追われる役どころだ。

 黒川は「美穂はおっとりして見えるのですが、実は大きな愛を内に秘めている…。そんな芯の強さを伝えられたら」と熱演。実は“純愛体質”の美穂に対し、自身は「お仕事を優先してしまう」と言い、「美穂の持っている乙女心はうらやましいような気もしました(笑)」と吐露した。

 大岩のキャラクターについては「しっかり向き合って良き方へと導いてくれる洞察力と優しい包容力にあふれているイメージ。一課長になら本音を話せそう」。安達祐実演じる刑事・谷中萌奈佳から取り調べを受ける緊迫したシーンもあり、「じわじわと迫ってくる安達さんのお芝居に圧倒されました。見つめ合った時は、吸い込まれそうなほどのきれいな瞳にドキッとしました」と感服した様子。

 さらに、視聴者へ向けて「散りばめられた違和感から少しずつ真実に近づいていく一課長たちの姿は必見です。また、一途で真っすぐな美穂の未来とは…!? ぜひ注目していただけたらと思います」と呼びかけている。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真