• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ナレーションは吉本実憂!『○○発東京行き』撮れ高がありすぎて今夜番外編を放送

東京行き

 4月15日に全国ネットで放送された『○○発東京行き 2018春』(カンテレ/フジ系)の番外編が、4月29日(日)にカンテレで放送されることが決まった。

 大阪から高速バスに乗って東京を目指す人々に1か月間密着し、そこにあるドラマを描き出すドキュメントバラエティとして好評を博した同番組。1097人にインタビュー取材を敢行し、その中でも特別な思いを抱えた人々の上京に同行したが、あまりにも“素敵な出会い”が多く、急遽番外編の制作・放送が決まったという。

 ニートの生活から脱却したいと、家なし職なしのノープランで突如奈良県の実家からの上京を決めた20歳の男性は、現代の駆け込み寺ともいえるシェアハウスへ。ほかにも就職の最終面接を受けるために上京する女子大生、“コーヒーのお茶”という世界で初めての商品を開発し東京で初めて出品するコーヒー農園の経営者などにも密着する。

 番組のナレーションを務めるのは吉本実憂。15日の全国ネット版ではスタジオパネラーとして出演し、数々の上京のドラマを見届けた。今回の番外編のナレーション撮り終えた吉本は、「改めて上京ってすごい勇気がいること。いろんな人の想いがあるんだなって」とコメントした。

 吉本自身も2012年に高校1年生で母親と共に福岡から上京。「お祭りのような東京の街はまだ慣れない」と笑いながらも、この春から一人暮らしに挑戦しているという吉本は、“東京”について「自分が夢中になれるものを見つけるチャンスがいっぱいある街」と。続けて、この番組に関わったことで「実は4月15日の『○○発東京行き 2018春』の放送の時に少しだけ落ち込んでいたんですが、番組を見て改めて“やっぱり頑張ろう”と思いました。声をかけた1097人、全部見たい!」と、自身もこの番組に勇気づけられた1人であると番組をPRした。

『○○発東京行き 2018春~まだまだドラマがありました~』
4/29(日)カンテレ 深1・00~1・55(関西ローカル)

©カンテレ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真