• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

辻井伸行が『Mステ』初出演!山﨑賢人も駆け付ける「曲の感動を共有できるのがうれしい」

『ミュージックステーション』 ピアニストの辻井伸行が6月15日(金)に、テレビ朝日系『ミュージックステーション』(後8・00)に初出演。公開中の映画「羊と鋼の森」のエンディングテーマで、久石譲が手掛けた「The Dream of the Lambs」を演奏する。

 辻井は「久石さんに楽譜を頂いた時に、どのような気持ちで作曲されたのかを想像し、また映画のイメージを自分の中で膨らませてレコーディングに挑みました。この曲は感動的で、美しく、弾いていて本当に楽しいです」とコメント。「僕は普段クラシックのピアニストとして活動していますので、まさか『Mステ』に出演するとは思ってもいませんでしたし、タモリさんにお会いできて光栄です」と喜び、「貴重な機会をいただきましたので、番組をご覧の皆様に少しでもピアノに興味を持っていただけたらうれしいなと思っています」と呼びかけた。

 スタジオには「羊と鋼の森」で主演を務めた山﨑賢人も駆け付け、辻井の演奏を見守る。山﨑は「『The Dream of the Lambs』を初めて聴いた時は、主人公のこれからの背中も押してくれるような、この先も深い森が続いていくような気がしました。映画の完成披露舞台あいさつで初めて間近で聴かせていただいた際は、何てぜいたくな瞬間なんだと思ったのを覚えています」と回顧。『Mステ』は昔から見ていたと言い、「生放送ですし、しかもタモリさんですし。緊張の種類が全然違います。でも、この曲の感動を視聴者の方々とも共有できるのがうれしいです。きっと伝わると思います」と期待を込めた。

 また、互いの印象について、山﨑は「(辻井は)優しくてとても落ち着いていらっしゃる印象です。ロイヤル試写会で両陛下にお会いする前、監督をはじめとしたみんなで『どうしたらいいんだろう…』と緊張していた中、辻井さんだけ『普通にしていればいいんですよ』とリラックスされた感じでおっしゃっていました」。辻井も「(山﨑は)すごく自然体で優しい雰囲気があって、とても素敵な方」と絶賛し、「『Mステ』で一緒に共演できて光栄です。映画の世界観を表現できるよう頑張ります」と意気込んでいる。

 この日はほかに、ジェジュンが約8年半ぶりに登場。ソロとしては初出演で、新曲「Sign」を披露する。ジェジュンは「8年半ぶりの出演が決まったのを聞いたときは、『マジで!!』と思いました。タモリさんは僕のこと覚えてくれているでしょうか?『Mステ』はお客さんとの距離が近いのでとても緊張しますが、ぜひ皆さんに見てほしいです!」とアピールし、「韓国で活動している間も、ずっと日本でやりたいという思いがありました。ずっと、日本語も忘れずに頑張ろうと。5年後でも、10年後でも、いつでもいける準備をしておこうという気持ちでした」と語っている。

 THE ORAL CIGARETTESは「BLACK MEMORY」、CHEMISTRYは「Heaven Only Know」、GENERATIONS from EXILE TRIBEは「F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS」を披露。Sexy Zoneは「イノセントデイズ」を含む“セクシーメドレー”をパフォーマンスする。さらに“Mステランキング”では、今年上半期のビルボードランキングを特集する。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真