• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

チュート徳井、CYBERJAPAN DANCERS・KANAE&KAZUE姉妹の超絶テクに感心

『DTテレビ(ディーティーテレビ)』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『DTテレビ(ディーティーテレビ)』#37が7月20日に放送された。

 7月20日は、「夏休み突入SP」として通常より1時間拡大で放送。DTティーチャーとして、CYBERJAPAN DANCERSのKANAEとKAZUE姉妹が登場した。

『KAZUE -カラオケ編-』では、友達と一緒に来たカラオケを想定して再現VTRがスタート。KAZUEはメンバーの中に気になる異性がいた場合、あえて気になる彼の背後で女友達と会話し、まずは気になる彼の匂いを確認。匂いが好みの場合、それは本能で惹きつけられている証拠であり、本能的にタイプの異性だと確認できると、カラオケの後半ではさり気なくボディタッチ。

 そしてトイレに行く途中、彼の前でつまずいたフリをして膝の上に、お尻でチョンと座る。それを見た友達たちは「わざとでしょ?」「彼のこと好きなんじゃないの!?」とあおり始めるが、実はそれも計算のうちで、周りも巻き込んで意中の彼にアピールしていくという上級テクニックを披露した。

 テーマ「女子が男子に送る恋のサイン」では、KANAEが『LINE編』として、LINEを用いた恋のサインをDTたちに伝授。気になる彼と連絡先を交換した後、メッセージを送って返事がくるのが遅かった場合、KANAEはそれに合わせて自分も遅く返信をし、すぐに返信がきた場合は自分もすぐに返信。そうして男性にテンポを合わせながらだんだんと自分のテンポに引き込んで、相手を“すぐに返信をする男性”に育てていくという。

 そして気になる彼には寝る前の「おやすみ」メールと合わせて、朝も「おはよう」メールを送り、相手の生活に入り込む。セットでメールを送る理由としてKANAEは 「食事・睡眠・KANAEみたいに、つねに頭に自分のことを入れるというか、想っていてもらえるように」と語り、スタジオの一同をうならせた。

 また“すぐに返信をする男性に育てる”ということに関して「『返事返して』とか言いたくないので、『そっちがそう来るんだったら、こっちもこうするよ』って、分からせる」と相手の出方次第で対応を変えると話すKANAEに、MCの徳井義実は「早く返信したら、KANAEからも早く返信がくるって身体に分からせるんや!?悪い女やで~!モテるよこの人は!」と絶賛した。

 また、KANAEとKAZUEは『悩み相談編』として、好きな人とのデート時に使う恋のサインも披露。意中の男性とのデート時は、仕事で着ている露出の高いファッションとは真逆の清楚な服装でギャップを狙い、普段はクラブで遊んでいるイメージを持たれやすいためお酒が苦手なことをアピール。そして、休みの日は「家にいることが多い」と堅実な印象を与えつつ、「実はまだ誰にも言ったことがないんだけど、仕事で悩んでいて…。ちょっと落ち込んでいた」などと弱音を吐くという。

 その際ポイントになるのは、服装のギャップ、意外とお酒が弱いというギャップ、相談する時は最初に“誰にも言ったことがない”と付け加え『自分だけに心を開いてくれている』と思わせること。そして秘密を共有しているという意識を持たせること。

 このサインに、スタジオの一同も「なるほどな~」とうなり、徳井も「これは全部響くな~!フリが効いてるもん」と高く評価した。

AbemaTV『DTテレビ(ディーティーテレビ)』
放送日程:金曜 後10時~深0時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

MC:徳井義実(チュートリアル)
進行&DTジャーナリスト:朝日奈央

7月20日(金)放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/BcYMHEGe6AdS2s

※過去の放送は「Abemaビデオ」で無料で視聴可能。
https://abema.tv/video/title/90-765

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える