• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

関ジャニ∞村上信五&黒木瞳も驚き…『音楽チャンプ』に8歳の天才歌うま少年現る

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 関ジャニ∞・村上信五と黒木瞳がMCを務めるテレビ朝日系特番『音楽チャンプ2時間SP 全国31都市カラオケ100点探しの旅!歌うま発掘!3000人オーディション』(7月27日(金)後8・00)に、8歳の天才歌唱少年が登場する。

 番組では、同局のアナウンサー12人がカラオケ採点マシンを担いで全国31都市を行脚。各地の“歌うま”さんに十八番を歌ってもらい「100点が取れる逸材」を発掘するロケを約1か月かけて行った。

 その最中、中国・四国ブロックを担当する清水俊輔アナが愛媛県松山市で出会ったのが8歳の宇都宮聖くん。「歌いたいで~す」と元気いっぱいに走り寄ってくると、清水アナに真っすぐな目を向けてもう一度「歌いたいです」とアピール。選んだ曲は中島美嘉の名バラードで、スタジオの村上も「選曲どうなってんの!?」とツッコむが、それ以上に出演者たちを驚かせたのが8歳とは思えない力強い声と大人顔負けのこぶしを利かせた歌い方。

 実は聖くんは、これまでも数々の大会で受賞してきた正真正銘の天才歌唱少年。週2回は近所のカラオケ喫茶で客の前に立ち、練習がてら歌を披露しているという。そうとは知らない清水アナは「『ミュージックステーション』って知ってる? いつ出たい?」と積極的にスカウト。聖くんも「今!」とノリノリで答える。

 ロケで見つけた“歌うま”さんの中でも特に優れた選抜者は、スタジオに登場。チャンプの座と賞金100万円を目指し、森公美子や音楽プロデューサーの田中隼人、作詞作曲家の杉山勝彦、ロボット審査員の「チャンプくん」の採点で熱い戦いを繰り広げる。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える