• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

安達祐実がシングルマザーを熱演『健康で文化的な最低限度の生活』第4話8・7放送

『健康で文化的な最低限度の生活』『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の8月7日(火)放送の第4話に、安達祐実がシングルマザー・岩佐朋美役で出演する。

 えみる(吉岡里帆)の同期・七条(山田裕貴)が担当する受給者でありながら、6歳の娘の育児にも前向きで働く意欲も高い朋美。しかし元夫のDVで受けた心の傷を抱えており、育児の負担も大きく、同年代の女性と自分の境遇を比べては、誰にも言えない葛藤にさいなまれていた。

 自身の役柄について「シングルマザーだから、自分が子供を食べさせていかなければならない。だから働きたい、けれど子供がいるから働けない。この悪循環は理解できました」と共感を寄せる安達。続けて「自分の中に理想の母親像があるのにそうなれていない、子供に対する申し訳なさやかわいそうなことをしてしまっているという罪悪感…。母親っていろいろ背負って生きているんです」と語り、同じ女性として、母親として思うところも多かったという。

 さらに安達は「この作品は、社会的弱者に焦点を当てていますが、実際に知らない話ではないし、身近にあることだと思いました。人に寄り添っていける作品なので、どの立場の人でも、感動があったり、反省だったり、いろいろ感じられるドラマです」と本作の魅力を語っている。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える