• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小島瑠璃子、動物映像を満喫「ずっと見てられる」『モノシリーのとっておき』8・17放送

『モノシリーのとっておき』 古舘伊知郎がその道のプロ中のプロに徹底的に迫る『モノシリーのとっておき』。8月17日(金)は「摩訶不思議な動物たち35連発」を放送する。

 番組では、情熱的な求愛行動をする鳥たちを大特集。北アメリカなどに生息している「クビナガカイツブリ」のオスとメス。水面をゆったり泳いでいると、突然2羽がそろって立ち上がり、水の上を猛ダッシュする。小島瑠璃子は「めっちゃ疲れそう!足筋肉痛だよ」とびっくり。この行動は、メスが恋人を選ぶためだというが、なぜダッシュが必要なのか。そこには合理的な理由があるという。

 また、マイケル・ジャクソンのような華麗なムーンウォークで異性にアピールする中南米に生息する「キモモマイコドリ」や、メスに向けて全力で驚きのダンスを披露する「カタカケフウチョウ」など、鳥たちのあまりに情熱的な求愛を紹介。古舘も「涙ぐましい努力です!」と大興奮し、羽を広げるなどメスに対して強烈に自己アピールする姿に「財力でモノを言わせるIT長者みたいなことですよ!」と語る。

 空中から一斉に真っ逆さまに海に突っ込んで魚をとる「カツオドリ」の大群も紹介。このびっくりな食事シーンに、よゐこの濱口優は「すごかったですよね!魚をとる者としては見習いたい!10メートルはなかなか潜れないので」と濱口ならではの感想を語る。

 さらに、全身真っ白のクジャクや、トサカやくちばし、肉や骨まで真っ黒のニワトリ、たった4センチのネズミなど、まるでアニメのような不思議な動物たちが続々登場。見たことがないキリンの激しいケンカの様子など、動物たちの驚きの生態も紹介する。

<小島瑠璃子 コメント>

◆小島さんは動物大好きだということですが

「動物の映像って、みんなでずっと見てられるなと思って。おぎやはぎさんの2人と、濱口さんとリビングにいる感じで。あっという間でした本当に!楽しかった~(笑)。あのカンガルーはどうやって筋トレしたんでしょうねぇ。不思議なことに、ボディビルダーがポージングするときの格好みたいなことするんですよね、胸筋寄せたりして。あれは不思議ですね。ちょっとドヤ顔にも見えるんですよね(笑)」

◆不思議な動物たちがたくさん登場しましたが、印象に残ったものは?

「見てみたいと思ったのは、カツオドリが一斉に海に入って補食しているところです。海に入った先にはイルカがいて。イルカが追い詰めていた魚を中に入ってとるんですよね。私はダイビングをするので、海の中から見たいなと思いました!ちょうど15~16メートルのところをよく潜るので、上から鳥が降ってきたらきれいだろうなって思いました」

『モノシリーのとっておき』
フジテレビ系
8月17日(金)午後7時~7時57分

<MC>
古舘伊知郎
山﨑夕貴(フジテレビアナウンサー)

<ゲスト>
おぎやはぎ
小島瑠璃子
濱口優(よゐこ)

<モノシリー(達人)さん>
石田戢(おさむ)さん(千葉市動物園園長)
内山晟さん(動物写真家)
遠藤秀紀さん(東京大学総合研究博物館教授)

番組サイト:https://www.fujitv.co.jp/monoshiri/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える