• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

関ジャニ∞村上信五&大倉忠義、歌うまキッズに感動「ピュアさが欲しい」

『関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦』 関ジャニ∞の村上信五と大倉忠義がMCを務めるテレビ朝日系の人気特番『関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦』が、9月21日(金)午後7時から放送される。

 楽器の演奏や歌の正確性などを競い合う音楽バラエティの第7弾。今回は“カラオケ王No.1決定戦 最強歌うまキッズ大会”と“ピアノ王No.1決定戦”が行われる。

 カラオケブロックでは、「奇跡の歌声を持つ天才小学生」「洋楽歌姫」「ミュージカルの歌姫」「天才女子中学生」と4ジャンルに分かれてトーナメント方式で対決。最年少8歳の“カラオケ喫茶のアイドル”から将来が期待される15歳のミュージカルエリート、動画再生回数が4400万回を超える香港の10歳の天才歌姫セリーヌ・タムまで、国内外から歌自慢の小・中学生たちが参戦し、最強カラオケ王の座を目指す。

 出場者たちは皆、まだ子供とあって緊張の面持ちを見せることもありつつも、歌い始めると表情が一変。圧倒的な歌唱力で村上や大倉、グランドマイスターとして出演するバイオリニストの葉加瀬太郎らを驚かせ、スタジオは感動に包まれる。

 収録を終え、村上は「非常にあったという間でした。正直、ホンマに誰が勝っても遜色なかったと思います」、大倉は「小・中学生って聞くとかわいらしいイメージがあったんですけど、全然そんなことなくて。大人顔負けのハイクオリティーで驚きの連続で、感動しました」と興奮冷めやらぬ様子。キッズの歌唱力に村上は「大人とは違う重みや景色を見せてくれる」、大倉も「集中力が高い。スッと入っていく感じがすごかったです」と脱帽した。

 また「子供たちの歌から持ち帰りたいものがあるとしたら?」と聞かれると、村上は「純粋さ」、大倉も「ピュアさが欲しい」と同様の回答。しかし、村上は「けど、家に帰ったらすぐ汚れてしまうでしょうから…」、大倉も「持って帰ったとしてもすぐに無くなるだろうからなぁ」(大倉)と苦笑していた。

<村上信五 コメント>
 大人以上のスキルでしたし、堂々たる立ち姿。ちょっと子供には似つかわしくない風格と言いますか。話しているときは子供なんですけど、歌い出すと歌手になる。そのへんは自然と持っているスイッチなんでしょうね。年齢を重ねた大人の方が持っている歌の重みというものがあると思いますが、子供たちの場合はその年齢を感じさせない、違う重みや景色を見せてくれる。「ただ歌が好き」っていう気持ちも伝わってくる時間で、非常にあっという間の収録でした。

 勝負は正直、ホンマに誰が勝っても遜色なかったと思います。僅差で勝敗が決した対決もありましたから。どの試合も飽きることなく聞けましたし見られました。一曲たりとも「子供だから仕方ないよね」っていうのがなかったのが見どころですかね。彼らのあの純粋さを持ち帰りたいけど、家に帰ったらすぐ汚れてまうでしょうから…(笑)。せめて収録直後の今だけはその気持ちを持っておこうと思います。

<大倉忠義 コメント>
 レベル高かったですね。小・中学生って聞くとかわいらしいイメージががあったんですけど、全然そんなことなくて。大人顔負けのハイクオリティーで驚きの連続で、感動しました。子供たちはきっと大人よりも経験値がない分、歌詞のくみ取りをすごく身近なものとくっつけると思うんです。それが誰もが経験している感覚とつながるからこそ、大人もみんな感動するんじゃないかなと思いましたね。あと集中力が高い。スッと入っていく感じがすごかったです。

 僕が小さい頃は親父が流していた「かぐや姫」などを聴いていただけだと思います。今の時代はいろんな音楽があふれているからでしょうか、子供たちの中には外国っぽい歌い方をする子もいて。これからがますます楽しみです。この番組から持って帰れるとしたら、あの子たちのピュアさが欲しいですね。もう時間は戻せないし、持って帰ったとしてもすぐに無くなるでしょうけど(笑)。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える