• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“4回でチュー”銀シャリ橋本がアメフトルールを恋愛に例えて解説!『戦え!スポーツ内閣』9・12放送

『戦え!スポーツ内閣』 9月12日(水)の『戦え!スポーツ内閣』(MBS)では、「色々あったアメフトだけど本当はすごいんだよ!関西学生アメフト“あるある”SP」を放送。日大違反タックル問題を機に世間から厳しい視線にさらされたアメリカンフットボールをテーマに、あらためてその競技の魅力を語り合う。

 スタジオでは、元アーティスティックスイミング日本代表・青木愛が「ラグビーと何が違うのか分からない」とポツリ。MCの武井壮は「アメフトの選手はソレを言われるとけっこうピリつくよ」とたしなめるが、部員たちにしてみれば「よく言われがちな“あるある”」だそうで、今回はそんな悲しい“あるある”を解決するため、関西学院中等部時代にタッチフットボール(アメフトを基にした年少者向けの球技)で日本一になった経験を持つ、アメフト好き芸人・銀シャリの橋本直が登場する。

 さっそく、「野球とサッカーに比べると(アメフトの人気は)そこまでな感じが…」と言われた橋本は「勘弁してくださいよ!こんなめちゃめちゃおもろいのに!」と反論。「みんなすぐ言うから、ルール分からへんとか!永遠の課題なんですよ。アメフト関係者からしたら、どうやってお伝えしたら魅力が伝わるんかなって」と人気を妨げている要因を指摘する。

 そして、橋本は「言うても(自分は)『M-1グランプリ2016』のチャンピオンですから、分かりやすい説明を考えてますので」と自信満々に答え、とっつきにくいイメージのあるアメフトのルールを“恋愛”に例えて具体的に解説。

“4回の攻撃で10ヤード以上進むとまたさらに4回攻撃できる”アメフトのルールを「電話したりデートしたりして、4回ここまでこられたら、チューできるみたいな。チューできたら、その二人の関係は続いていくねん」と独特の表現を展開。「そのかわり、学校の先生とか親とか邪魔してくるワケ。それで4回でその距離まで行けなかったらダメ。(対戦チームの攻撃と守備の交代は)それの行ったり来たり」など、守備側の動きも交えて恋愛の比喩で例える。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真