• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

野村周平「俺のことを嫌いになっても純平のことは嫌いにならないで!」『純平、考え直せ』公開

『純平、考え直せ』初日舞台あいさつ 映画『純平、考え直せ』の初日舞台あいさつが行われ、主演の野村周平、共演の柳ゆり菜、毎熊克哉、岡山天音、佐野岳、佐藤祐基、藤原季節、森田涼花、木下愛華、片岡礼子、森岡利行監督が登壇した。

 本作は、直木賞作家・奥田英朗の同名小説を実写映画化。限られた3日間を刹那に駆け抜ける若い男女の物語を描く。主人公・坂本純平を演じるのは野村周平。純平と三日間を共にするヒロイン・山本加奈を柳ゆり菜が演じる。

 対立する組幹部の命を狙うチンピラ・純平役の野村は総勢11名での舞台あいさつに「共に戦った皆さんが集まれたのでうれしい」と喜び、兄貴役の毎熊克哉には「兄貴って感じでした。映画のとおり包容力もあっていい先輩」と語った。

 毎熊は「そんな真面目なことを言われるとは…」と照れつつ、初共演の野村について「カッコいい。今どきの人というより、ひと昔前の男。まさに純平。ちょっと時代遅れというか(笑)」と。野村は「生まれた時代を間違えたとよく言われる。平成が似合わない男です!」と自虐で会場の笑いを誘った。

 太く短く生きる純平に惹かれるOL・加奈役の柳は、岡山に髪の毛をハサミでバサバサと切られるシーンに触れて「さすがの天音さんで、入ってきた瞬間に本当に嫌だと思ったし、怖かった。でも本当は優しい方。ほかの現場で会うたびに“あの時はごめんなさい”と謝ってくれる」と岡山の人柄を明かした。しかし、すかさず野村が「映画見た人はみんなお前のことが嫌いだからな!覚悟しろよ!」と岡山を口撃し、会場は爆笑に包まれた。

 岡山は「監督からは『大事なシーンだから髪の毛の切り方を手加減するな』と言われるし、メイクさんには『(髪の毛)修正がきかなくなるから気を付けて』と言われるし。でも柳さんが受け止めてくれた」と明かした。

 コインランドリーにいるゲイ・ゴロー役の佐野は、役柄に対してのコインランドリーの重要性を熱弁。しかしトーク時間も限られていることから、野村からは「主演の俺だってそんなにしゃべってないよ!トークを着地させよう!」とのツッコミが。佐野の熱量に佐藤は「この後に話しづらいよ!」と話しつつ「純平の先輩を演じました!劇中で着用しているマスクは家からしていたものをそのままつけて出演しています!以上!」とコンパクトにまとめて笑いを誘った。

 加奈の友人を演じた森田は「純平と加奈のシーンは色気がある」とクラブでのシーンを回想。純平の母親役の片岡は「久しぶりに息子が彼女を連れて帰ってきたという平和なシーンだと思ったけれど、完成した映画を観るとキレッキレのシーンだった」と感想を明かし、息子役の野村は「カッコいい、最高のお母さんです!」と賛辞を送った。

 SNSで純平や加奈とつながる役どころを演じたのは、藤原と木下。木下は「劇中に出て来るネット上では血の通ってない言葉を使うので、部屋のシーンでは人間味があるように血の通っている感じを意識した」と演じる上での工夫を紹介。

 ホスト役の藤原は「自分と同世代の俳優が多かったので、やってやろうと思った。監督にも自由にやっていいと言われたので、お酒が弱い設定を作ったり、方言を話したりアドリブでやりました。それを監督が全部OKにしてくれた」と舞台裏を紹介。さらにホストという設定から「好奇心が抑えきれなくて、ホストクラブに働きに行きました。“いらっしゃいませ”の言い方しか収穫はなかったけれど、撮影でもホスト流の言い方で通しました。スタッフの皆さんが笑いをこらえるので、失敗したかな?と思ったけれど、作品を観たらいい感じだった」と自画自賛した。

 森岡監督は「ゆり菜は根性を見せてくれたし、周平は映画を通してイメージが変わった。やはり生身の人間と会ってみないと人となりは分からない。彼は礼儀正しく、魂を込めて演じてくれた。まさに純平」と2人の熱演に感謝。柳は「ハードで大変な撮影もあったけれど、この作品に惚れました。そして今の私のすべてを捧げるくらい、作品を愛しました」と。

 野村は「SNSでこの映画を広めてほしい。そうすれば『カメラを止めるな!』のようになるはず。僕もカメラを止めたくない!」と観客を笑わせ、「俺のことを嫌いになっても、純平のことは嫌いにならないでください!」と締めくくった。

映画『純平、考え直せ』
公開中

<ストーリー>
新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平(野村周平)21歳。いつか“一人前の男”になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々だ。そんな純平、ある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平は、偶然出会ったOLの加奈(柳ゆり菜)と一夜を共にし、つい“鉄砲玉”になることを洩らしてしまう。手元には拳銃一丁と数十万円の支度金。退屈を持て余していた加奈は、時代錯誤な純平の情熱に呆れながらも不思議な胸の高鳴りを覚え、決行までの三日間、純平と行動を共にすることに。新宿を見下ろすホテルに泊まり、大好物の焼き肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちに、ふたりは惹かれ合っていく…。「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と言う加奈に、「男が一度決めたことだから」と純平は聞く耳を持たない。そこで加奈はSNSに相談。すると、忠告や冷やかし、無責任な声援がネット上に飛び交い出した。加奈の想いと、ネット住人たちとの交流が、純平の決意を揺るがし始めるが、決行の日は迫り――さぁ、どうする、純平!

出演:野村周平、柳ゆり菜/毎熊克哉、岡山天音、佐野岳/
戸塚純貴、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人/森田涼花、木下愛華、やしろ優/下條アトム、二階堂智、片岡礼子

原作:奥田英朗『純平、考え直せ』(光文社文庫刊)
監督:森岡利行/脚本:角田ルミ、木村暉、吉川菜美
プロデューサー:梅川治男
製作:キングレコード アークエンタテインメント
製作プロダクション:ステューディオスリー
配給:アークエンタテインメント

公式サイト:junpei-movie.com

©2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える