• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“吉田羊署長”がサギ撲滅を訴える!「連続ドラマW コールドケース2~真実の扉~」サギ撲滅キャンペーンイベント開催

192001_001_R ワーナー・ブラザース・テレビジョン製作の世界的人気ドラマ「コールドケース」の日本版で、その第二弾である「連続ドラマW コール ドケース2 ~真実の扉~」が、10月13日(土)より放送開始となる。本作が横浜を舞台とし、神奈川県警・捜査一課チームの活躍を描いていることから、2年前に引き続き、神奈川県警とWOWOWとのタイアップキャンペーンが実現。シーズン2の放送を目前に、横浜タカシマヤ前にて、振り込めサギ被害撲滅を目指し、「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」サギ撲滅キャンペーンイベントが開催された。

 戸部警察署長・新村晃一氏をはじめとする協力団体や、神奈川県警のキャラクターである防犯ミライ、絆大使トラセンジャー、振り込まセンジャーらが登場した後、警察の制服に身を包み、さっそうと登場した吉田羊に、集まった多くの見学者から歓喜の声が上がった。そんな中、戸部警察署長より1日警察署長の委嘱状を交付され、たすきを身にまとった吉田は、「こんにちは。本日、大役を仰せつかった吉田羊です」とニッコリ挨拶。続いて「本作は神奈川県でもロケをしていました。永山絢斗さん、滝藤賢一さん、光石研さんらと横浜中華街で食事したことも、とても楽しく思い出になっています」と撮影時を振り返った。また、「2年前にもサギ被害撲滅を訴えさせていただきましたが、残念ながら増え続けています。自宅の電話を留守電に設定したり、迷惑電話防止機能がついた電話機に交換することも有効です」と、予防法を伝授。さらに「ご家族におじいちゃん、おばあちゃんがいらっしゃる方は、連絡を密に取り合い、家族の絆でサギを防いでください」と強調し、積極的に訴えかけた。

 そして、神奈川県警とWOWOWのサギ撲滅のタイアップポスターも披露された。見かけた際は撮影して友人・家族と共有し撲滅の協力も仰いだ後、“吉田署長”によるサギ撲滅が高らかに宣言され、吉田の確固たる決意に周囲も刺激された様子だった。

 また、「サギ撲滅キャンペーン」の防犯パトロールということで、JR横浜駅構内を行進した吉田。突然の人気女優の出没に、横浜駅構内が一時騒然とするひと幕もあった。吉田は「本作のエンディングには、神奈川県警をはじめ、横浜のきれいな夜景なども映し出されます。ぜひ、楽しんでください。そして、多発している振込めサギを皆さんと共になくいていきましょう」と訴え、通行人も足を止めて注目していた。

<作品情報>
「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」
■放送日時
10月13日(土)よりWOWOWプライムにて毎週土曜よる10時~(全10話/第1話無料放送)
■スタッフ
監督:波多野貴文、内片輝、守下敏行
脚本:吉田康弘、酒井雅秋、野木萌葱、瀧本智行、蓬莱竜太、瀬々敬久
音楽:村松崇継
撮影監督:山田康介
■キャスト
吉田羊 永山絢斗 滝藤賢一 光石研 / 三浦友和

特設サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/coldcase2/
©WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える