• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

乃木坂46のガチ取材に公式兄・バナナマン大感動!『YOUは何しに日本へ?SP』11・12放送

『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』 11月12日(月)放送の『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』(テレビ東京系)の記者会見が行われ、バナナマンと齋藤飛鳥、白石麻衣、秋元真夏、生田絵梨花、岩本蓮加、大園桃子、高山一実、松村沙友理、与田祐希、和田まあやが登壇した。

 空港や街中、秘境でのガチンコ取材に挑んだのは、秋元、生田、岩本、大園、阪口珠美、高山、松村、与田、和田。スタジオには、MCバナナマンのほかに、齋藤、白石、西野七瀬も出演する(西野、阪口は会見に欠席)。

 収録を終えて、バナナマンの設楽統は「『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で7年ぐらい乃木坂と一緒に番組をしているけど、個人個人が体当たりロケをするっていう企画とかはなかったですし、みんな化粧も落ちてグショグショになったり、声が枯れるぐらい頑張ってくれたり、大変なロケをやってくれていて、公式お兄ちゃん感動しました!」と。

 日村勇紀も「密着できなくて当たり前っていう状況の中で、この子たちが成功するどころか、面白いVTRが3時間もあって。感動もしたし、内容もめじろ押しなので、ぜひ見てほしい。体感的には30分ぐらいだった!それぐらい素晴らしかったです!」と絶賛した。

 スタジオでメンバーの勇姿を見守っていた白石も「それぞれの個性が出ていて、すごく面白かったですし、感動しました。頑張ってインタビューしている姿を見て、たくましいなと思いましたし、同じメンバーとして尊敬しました。私も機会があったらやってみたい!」と話すと、設楽が「お、言ったね?この番組、本当にやるから」と笑った。

 「私も体感30分ぐらいに感じた!」という齋藤は「ちょっとしたことで『この子は、こういう対応するんだ』って、みんなの人となりが垣間見られた気がして。普段見られない姿がたくさん見られたので、すごく楽しかったです。1本目の生ちゃんのVTRからグッと心をつかまれました」とコメントした。

『成田国際空港でYOUに直撃インタビュー!』を担当した生田、高山、与田。生田が「空港で人に話しかける経験はないので、まず話しかけるというところから緊張して。へこんだりすることもありましたけど、だんだんへこたれない精神が身につきました。こちら側が楽しくインタビューしていれば、YOU側も心を開いてくれる気がしたので、相手に興味を持つことを一番大事にしました。そのおかげで、いろんな方の人生に出会うことができて、すごくいい経験になりました!」と。高山も「私も慣れてきた時に、質問する前にする『Excuse me.Hi!』みたいなあいさつが楽しくて。全部が楽しかったので大変だったなというのはなかったです」と笑顔で話した。

 5、6年ぐらい人に話しかける機会がなかったという与田は「声を掛けたあとに、次に何を聞けばいいのか、どうやって話を広げたらいいんだろう?って自分で考えなきゃいけなかったのが難しかった。でも、勇気を出して聞いたからこそ、知れた海外の文化やいろんな方の人生があって、面白かったです」と語った。

 日本の観光地にいたリトルYOU(外国人の子供)企画に挑戦したのは秋元、大園、岩本。「子供が大好きで、すごくかわいかった!」と声をそろえた3人。秋元は「普段スタッフさんがどれだけ大変な思いをしているのかを感じました。見てくれる方も心がほっこりする部分があるので、ぜひ楽しみにしてもらいたい!」とコメントした。

 日本の秘境にいるYOUを探す企画に挑戦した和田は、「初めましての方もすごくフレンドリーに接してくださって、家にお邪魔した時に手作りの料理とかでおもてなししてくれて、すごく素敵だなって思いました。YOUに密着したのは、短い時間だったんですけど、ご飯を一緒に食べたり、山に登ったりと濃い時間を過ごしていたので、バイバイする時に『もう、明日は会えないんだ』って思ったら悲しかった」と明かした。

 行楽YOU企画に挑んだ松村は、「東武日光駅でインタビューをしたんですが、観光地なので『観光で、お寺見に来ました』って言われることが多くて大変でした。でも、番組の腕章をつけているとお店の方や日本人の方に『あ、YOUだ!』って言われて、何だかYOUファミリーになれた気がして楽しい1日でした。番組の宣伝ついでに乃木坂46の宣伝もしちゃいました」と笑った。

『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』
テレビ東京系
11月12日(月)後6・58~9・54

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える