• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ガリットチュウ福島がZOZO前澤社長に成り切り!「スター・トレック:ディスカバリー」Blu-ray&DVDリリース記念イベント

203610_01_R 興奮必至の展開で描かれる“新たな”物語、SFアクション超大作「スター・トレック:ディスカバリー」Blu-ray&DVDリリース記念イベントが行われ、お笑い芸人ガリットチュウの福島善成が登場した。

 2時間半を超える特典映像も注目の的である本作は、シリーズ史上初の女性主人公マイケルの視点で描かれ、航海を通して成長する彼女やクルーらのドラマ、惑星連邦vsクリンゴンの戦争など、TVドラマシリーズの枠を超えた面白さが満載。巧みな伏線や、映画のスケール並みの映像表現など、コアファンはのみならずスター・トレック初心者でも十分に堪能できる人気ドラマとなっている。主人公のマイケル・バーナムを演じたのは「ウォーキング・デッド」シリーズのソネクア・マーティン=グリーン。さらに『シェイプ・オブ・ウォーター』のダグ・ジョーンズ、『ハリー・ポッター』シリーズのジェイソン・アイザックス、『グリーン・デスティニー』のミシェル・ヨーなど、実力派の豪華キャストも見どころだ。13年ぶりのTVドラマシリーズ復活に歴代製作陣、ヒットメーカー、豪華キャストが結集した力作で、映画を超える壮大かつ圧倒的な映像美と共に未体験の世界へ誘うこと間違いなしだ。

 イベントで福島善成は、本作にちなみ、月旅行を表明しているZOZOTOWNの社長・前澤友作氏のモノマネで宇宙用ヘルメットを持って登場。福島流の“前澤節”で、本作の魅力を語った。

 MCを務めたのは同事務所のバッファロー吾郎の竹若元博。スタトレマニアでいわゆる“トレッキー”である竹若より、「月に連れて行きたい人は?」と尋ねられ、「森公美子さんの美声が聞きたいし、野球界に媚を売りたいのでデーブ大久保さん」と答え、「(剛力)彩芽はもちろん当確」と、きっぱり。また、実際に宇宙に行った際には「主人公のマイケルのように勇敢な気持ちで行きたい。常に彩芽も一緒で、宇宙食はランチパック、宇宙服はZOZOスーツ」と爆笑を誘った。また、作品のシーンの中で主人公マイケルが恋する男性とダンスパーティをするシーンがあり、「自分も月に行ったらやりたい。もちろんパートーナーは彩芽」とのろけっぱなし。さらにはスタトレ初心者だった福島は「続きが早く見たい。リビングで彩芽と見ます」と宣言。そして、「マイケルが宇宙空間に飛びたつシーンは、映像美と迫力がすごくて必見!スタトレのビギナーからトレッキーまで、ランチパック食べながら見てください」と最後まで、徹底したコメントで会場を沸かせた。

 そして、囲み取材では、「自分のネタの3本柱は、船越英一郎さん、ダレノガレ明美さん、貴乃花光司さん」と断言。マスコミから「彼女の物まねは?」と聞かれ、「彼女は難しい。前澤社長と彼女の一人二役に挑戦してみようかな」と、意欲を見せた。さらにプライベートでは「嫁の尻に敷かれてます。本当は月に行くのは怖いので、僕は行きたくないですが、彼女が行きたいと言えば行きます」と、イベント中の強気の姿勢から一転。「最近は嫁が優しくて、愛妻弁当を食べています」とマジものののろけも披露した。

「スター・トレック:ディスカバリー」DVD-BOXはリリース中、Blu-ray BOXは12月26日(水)リリース。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える