• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

野村周平、書き初めで新年の抱負「野村は野村らしく野村を貫き通す」

(C)テレビ朝日

©テレビ朝日

 テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(1月19日スタート(土)後11・15)に主演する野村周平がこのほど、埼玉県内の撮影現場で取材に応じた。

 漫画家・青木琴美の同名人気コミックが原作。20歳まで生きられない心臓病を抱える高校生・垣野内逞(野村)と彼を一途に思う幼なじみの種田繭(桜井日奈子)の純愛ストーリー。野村は「残された時間を大切な人とどう過ごしていくかを描いたヒューマンドラマ。ただキュンキュンするだけではなく、しっかり心に突き刺さる作品になっておりますので、ぜひテレビの前でご覧ください」とアピールした。

 新年の抱負として、書き初めには「野村」と自らの名字を一筆。「機密情報を持ってきた。新元号なんです。4月1日からは『野村』になります」と冗談を飛ばしつつ、「今年も野村は野村らしく野村を貫き通していこうと思って」と誓った。

 また、ヒロイン役の桜井は「謙虚」としたため、「おみくじで『あなたは謙虚でいなさい』と出た。人に何かをやってもらうことが多い仕事なので、だからこそ感謝の気持ちを持っていたい」。宮沢氷魚は「Discover Myself」、佐藤寛太は「ほのぼの」、松井愛莉は「自由」とそれぞれ掲げていた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真