• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

猫だらけ!映画「ねことじいちゃん」特別映像解禁

映画「ねことじいちゃん」
 世界的な動物写真家・岩合光昭が初めて映画監督に挑戦した映画「ねことじいちゃん」の特別映像が解禁された。

 本作の舞台は、映画初主演となる立川志の輔が演じる主人公・大吉と、その飼い猫のタマが暮らす猫と老人ばかりの小さな島。美しい風景においしい食事、助け合い、笑い合い暮らす人々と、かわいくもたくましく生きる猫たちを描く、豊かでいとおしい猫と人間の物語。

映画「ねことじいちゃん」
 愛知県・佐久島で35匹の猫たちとともに撮影された本作。特別映像では、そんな猫たちのシーンだけが集められた。春のぽかぽか陽気に大あくびをする様子や、井戸端会議をするかのように大集合する猫たち、海辺や花場明けの中を自由に散歩し、時にじゃれ合う猫たちなど、自然な姿が納められている。

 子猫が水を飲もうとして滑り落ちたときには、ヒロイン・美智子を演じた柴咲コウがとっさに子猫を助けるという場面も。港で船から飛び移るボス猫・とらじの様子や、主人公の大吉と共に暮らす猫・タマが花畑の中で花びらに顔をすり寄せる様子など、岩合監督だからこそ映すことができた美しいシーンをひと足早く楽しむことができる。

映画「ねことじいちゃん」
映画「ねことじいちゃん」
2月22日(金)公開

<物語>
2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの巌や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしている。しかし友人の死や大吉自身もいままでにない体の不調を覚え、穏やかな日々に変化が訪れはじめた矢先、タマが姿を消して―。一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生の選択とは―?

出演:立川志の輔、柴咲コウ、小林薫、田中裕子、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之 ほか
監督:岩合光昭
原作:ねこまき(ミューズワーク)「ねことじいちゃん」(KADOKAWA刊)
脚本:坪田文

製作:「ねことじいちゃん」製作委員会
制作プロダクション:RIKIプロジェクト
配給:クロックワークス

©2018「ねことじいちゃん」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真