• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

なにわ男子・藤原丈一郎&大橋和也がジャニーズ初のバーチャルアイドルに!

「バーチャルジャニーズプロジェクト(VJP)」
 Johnnys×SHOWROOM「バーチャルジャニーズプロジェクト(VJP)」の記者発表会が行われ、関西ジャニーズJr.の人気グループ・なにわ男子の藤原丈一郎と大橋和也が登場した。

 本プロジェクトでは、ジャニーズ事務所と、ライブ配信プラットフォームのSHOWROOMがタッグを組み、オリジナルのバーチャルキャラクターによる動画生配信を実施。第1弾として、ジャニーズ初のバーチャルアイドル、海堂飛鳥(CV:藤原)と苺谷星空(CV:大橋)のデビューが決定。プロデューサーをSHOWROOM代表の前田裕二、キャラクターデザインを人気クリエイターユニットのHoneyWorksが担当する。

「バーチャルジャニーズプロジェクト(VJP)」
 ジャニーズ初のバーチャルアイドルとして活動することが決まった藤原は「最初に聞いたときはすごくびっくりしたんですけども、びっくりとともに楽しみもありました!ジャニーズとSHOWROOMさんとの新たなチャレンジを僕と大橋が体験させていただくので、今は楽しみしかないです!」と。大橋も「今回は配信ということで、ファンの皆さんと近い距離で話せるので、今からすごい楽しみです!」と笑顔で話した。

 藤原と大橋が選ばれた理由について、プロデューサーの前田は「関西ジャニーズJr.のコンサートに何度か行かせていただいたときに、トークや“異種格闘技”というコーナーで面白いユーモアを炸裂させているのを見て、インターネットに向いてると思いました」とコメント。「大橋君は周りの人がつい笑顔になってしまうような太陽みたいなポジティブさを持っている。そのキャラクターで世界中を照らしてくれるのではないかと。藤原君はとにかく純粋で真っすぐ。僕がWEBコンテンツとかの話をしたらずっとメモをとって聞いていたりしていて、彼の持っているファンの方やエンターテインメントに対して真っすぐなところを伝えていったら面白いのではないかと思いました。これからの成長が楽しみです!」と期待を寄せた。

「バーチャルジャニーズプロジェクト(VJP)」
 キャラクターボイスは初挑戦ということで、「僕はけっこう関西弁でバァーっとしゃべるタイプだけど、海堂飛鳥はすごくクール。僕はどちらかというとキャラクター的には星空寄りかなとは思ったんですが、普段の藤原丈一郎じゃない一面を見せられると思います。難しいところもたくさんあると思いますが、そこはやりながら習得していきたいです」(藤原)、「僕は苺谷星空とキャラクターが似てるので、すごく親近感が湧きました。なので、苺谷星空のかわいらしさをうまく表現できたらいいなと思ってます」(大橋)とそれぞれ意気込みを語った。

 また、バーチャルアイドルとしての夢を聞かれ、「いずれかはバーチャルアイドルとして世界に配信したり、なにわ男子を含む関西ジャニーズJr.の仕事の幅が増えていけば」と目標をかかげる藤原に、大橋も「ジャニーズJr.、ジャニーズ事務所をバァーっと世界に広めたい!」とアピールした。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える