• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

佐藤仁美、田中直樹&永井大からの絶賛に「私のこと好きなのかな?」

『家族のヒミツ』
 3月3日(日)スタートのプレミアムドラマ『家族のヒミツ』(BSプレミアム)の試写会に佐藤仁美、田中直樹、永井大が出席した。

 本作は奥田英朗の人気短編小説をドラマ化した『我が家の問題』に続く第2弾。ある秘密を抱えた4家族4組の夫婦の会話劇を中心にユーモラスに描く一話完結のオムニバス。佐藤が4人の妻を演じ、夫役で田中、八嶋智人、永井、岸谷五朗が出演する。

 4人の妻を演じた佐藤は「一人四役というプレッシャーの中、撮影に挑んだのですが、結婚する前にいい経験ができたなと思って。今年、来年ぐらいにその経験が生かせたらなと思っています。誰かいたら紹介していただければいいなと思いました(笑)」とあいさつ。

『家族のヒミツ』
 第1回で佐藤が演じるのは、2人の子供を育てる専業主婦。役作りについて「監督に1話はもっとゆっくりしゃべってくれって言われて。ほんわかしたイメージは私の中にないので、小倉優子ちゃんをイメージして、優子ちゃんだったらこうやるだろうっていうお母さん像で作りました。逆に第2回の八嶋さんの回は、ビンタとかも頻繁にあって自分に一番近かったです」と明かした。

『家族のヒミツ』
 第1回の夫を演じた田中は、佐藤の一人四役について「第1回の佐藤さんが、2回、3回、4回、5回とどんな奥さんになるのか楽しみになるぐらい面白い試み。第1回はあったかい中にもハラハラドキドキするような物語で、スリリングな場面も笑えるシーンもあってすてきなお話になっています」とPRした。

『家族のヒミツ』
 第3回で出産休暇中の妊婦(佐藤)の夫を演じた永井は「11月に第2子が誕生する時だったので、リアルに出産前の奥さんと接していて、お芝居の中でも出産する奥さんと一緒にいる不思議な現場でした。その中でも一つひとつの所作を客観的に見れたり、実生活と違った部分からお母さんを見ることができていい勉強になりましたし、イチ視聴者としても楽しみたい作品です」と自信を見せた。

 佐藤について“男前で裏表が無い”イメージだったという田中は、撮影を通し「バラエティでご一緒させていただくのとはモードが違うと思うのですが、第1回はおっとりした女性的な奥さん。その演技がリアルで生々しいので、どれが本当の佐藤さんなのか分からなくなるくらい新鮮。こんな一面があったんだって思えてすてきでした」と女優としての佐藤を絶賛。

 永井も「佐藤さんはお芝居に入る時のスイッチの入り方がすごい。あと、せりふに言葉として感情をしっかり投げてくれる感じがあって、その場の空気や気持ちを動かしてもらえて、引っ張ってくれる女優さん。終わったらくだらない話もできて、気配りもできて、主役として立たれている」と。

 二人に演技力をたたえられた佐藤は「とってもありがたいです。そういう目で見ていたんだ。私の事好きなのかなって思います」と笑顔。続けて「必死にやっていたので、私ではありえないんですけど(撮影中)健康的な生活を送っていたので、主役って大変なんだなと思いました。四役やっていたので、私もだんなさんたちと同じく毎回新しい気持ちで演じさせてもらって、毎回だんなさんたちに助けてもらいました」と感謝を伝えた。

 プレミアムドラマ『我が家のヒミツ』(BSプレミアム)は3月3日(日)後10時スタート。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える