• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

永瀬廉が『俺スカ』でボクシングに挑戦!「殴る方も殴られる方も両方褒められてすごくうれしい」

『俺のスカート、どこ行った?』 6月1日(土)放送の『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系)第7話で、永瀬廉がボクシングシーンに挑戦する。

『俺のスカート、どこ行った?』は古田新太演じるゲイで女装家の高校教師・原田のぶおが繰り広げる学園エンターテインメントドラマ。

 第7話では、退学届を提出し、学校をやめようとする明智(永瀬)のために原田(古田)が奮闘。原田の提案で「勝った方の言うことを聞く」という条件で、明智と明智の父(板尾創路)がボクシング対決をすることに。大人のことを信用できない明智の内面が変化していく回になっている。

 見どころでもあるボクシングシーンの撮影終了後の永瀬のコメントが届いた。

<永瀬廉 コメント>
 今回の7話で明智の過去がやっと全部分かるんですが、その中で親父と戦うボクシングのシーンがあるんです。一方的に殴られるんですけど、でも殴り返した親父と一緒になってしまうという葛藤があって、自分からは一切殴らないんですね。明智は自分自身というものを持っている強い子だなと演じてて思いました。本格的なアクションシーンは初めてだったのでボクシングの体の使い方を基礎から教えてもらって撮影に臨みました。初めてのわりには、ということですけどめちゃめちゃ褒められましたよ(笑)。殴る方も殴られる方も両方褒められてすごくうれしくて、僕は単純なんでアクション楽しいと思っちゃいました。実は以前からアクションをやりたいって言ってたんです。できた方が演技の幅も広がると思ったので、早いうちに経験できてよかったです。ここからどんどんうまくなっていきたいですね。今回でようやく明智が崩れていくというか、それまでの明智ではなくなっていくので、そこで彼の人間的な部分を視聴者の方に感じてもらえるとうれしいです。その後の8話(6/8放送)からは、かなりキャラ変しているので、そこも楽しんでもらえたらと思います。

『俺のスカート、どこ行った?』
日本テレビ系
6月1日(土)後10・00~10・54

<7話あらすじ>
 明智(永瀬)が学校に来なくなり、退学届を提出した。寺尾校長(いとうせいこう)、長井(松下奈緒)、原田(古田)は、明智と話し合うことに。校長たちが明智の父・純一(板尾創路)と話したいと言うと「呼んでも絶対来ないですよ」と答える明智。原田がなぜ辞めたいのかと尋ねても、明智は答えようとしない。2年3組の生徒たちにも、明智が退学届を出したことが知れ渡る。
 長井は純一に会うため、明智の家を訪ねる。明智は家を出て、父とは暮らしていなかった。純一は自らの過ちをきっかけに仕事を失って以来荒れてしまい、家族に暴力を振るうように。明智の母は家を出ていき、明智は母が彼のために残した200万円を使って生活するしかなかった。そのことを知った純一は、200万円は自分の金だから返せと明智に要求していた。純一は長井に向かって、金を稼いで返してもらうために明智には学校を辞めさせると言い放つ。
 原田と田中(桐山漣)は、東条(道枝駿佑)と若林(長尾謙杜)から明智の家庭事情を聞く。明智が父親のせいで学校を辞めるかもしれないと聞いた東条は、自分が明智を誤解していたと気づく。そんな東条に原田は、仲直りを手伝ってもいいと提案。一方、若林は自分をいじめた明智をまだ許すことができないでいた。明智の居場所を突き止めた原田は東条たちに、明智を迎えに行ってほしいと頼む。
 東条たちは、明智のアルバイト先へ向かう。東条が「一緒に来てほしい」と言うと、明智は拒絶。その時、原田から田中に電話がかかってくる。原田は明智に向けて「お前の父親は預かった!」と誘拐犯のようなセリフを言って電話を切る。
 明智たちが原田の指定した場所へ向かうと、原田と純一、さらには2年3組の生徒たちが待っていて…。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える