• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

木村拓哉「味わったことのない作品になる」傑作ミステリー『教場』ドラマ化

木村拓哉 主演・木村拓哉、脚本・君塚良一が初タッグを組むフジテレビ開局60周年特別企画『教場』が、2020年新春に2夜連続で放送されることが決定した。

 本作は、「週刊文春ミステリーベスト10」(2013年)第1位、「このミステリーがすごい!」(2014年)第2位を獲得した長岡弘樹の同名小説をドラマ化。極限状態を生き抜く生徒それぞれのよこしまな思惑を観察力に長けた教官が暴いていくミステリー作品だ。そして、過酷な警察学校で覚醒していく生徒たちの青春物語であり、厳格なカリスマ教師が個性あふれる生徒たちと向き合う人間教育の物語でもある。

 主人公のカリスマ教官を演じるのは木村拓哉。脚本を手掛けるのは『踊る大捜査線』シリーズの君塚良一。木村とは初タッグとなる。また、木村と『若者のすべて』(1994年)、『眠れる森』(1998年)、『プライド』(2004年)などの作品を共に作ってきた中江功が演出を手掛ける。

 舞台は、木村演じる風間公親が教官を務める警察学校・初任科第198期短期課程。「警察学校は、優秀な警察官を育てるための機関ではなく、適性のない人間をふるい落とす場である」と考える風間は、生徒がトラブルに見舞われた途端、退校届を突きつける非情な男だ。

 生徒たちは早朝6時起床から激しいトレーニングにさらされる毎日で、何より厳しいのがルール厳守。その行動は、常に監視体制に置かれ、誰かのミスは連帯責任で負う。何より、うそがバレたら即退校。その厳しさに耐えかねず、自ら退校していく者も少なくない。

 そんな究極の試練が待ち受ける警察学校には、さまざまな背景を持つ生徒たちがさまざまな動機で集まってきている。事故で死にかけたところを警官に助けられたことで警察官に憧れる元教師、職を転々とし警察学校が最後のチャンスと思っている落ちこぼれ転職組、婚約者を亡くし心機一転で警察官を目指す女性など。

 また、警察学校という閉塞した極限状態で生徒たちが抱える葛藤もさまざま。教官の飼い犬と揶揄される者、反抗する者、取り入ろうとする者、気が弱く倒れてしまう者…。警察学校という名のサバイバルゲームを生き抜くため、秘密と思惑が渦巻いていく。

 1クラス30人、計90人の生徒たちから、果たして何人が最後まで生き残り、誰が卒業証書を手にすることができるのか?さらに風間は、生徒たちが起こすさまざまな事件、複雑に絡み合った真相を解決していくことはできるのか?そして、生徒たちに非常識ともいえる謎の試練を与え続ける風間の真の狙いとは?

 木村教官・風間は、クールで落ち着いた物腰の教師であり、卓越した観察眼と推理力を備えた名探偵でもある、謎に満ちた存在。学生を恫喝するようなことはないが、何を考えているかが全く分からない孤高の男。警察学校内にある花壇で花に水をやりながら、学生の動向を鋭く観察している。

 「警察学校は生徒をふるいにかける場所」という考えの下、生徒たちの深層心理に迫る。冷徹なまでのリアリズムは生徒たちを震撼させるが、本質を見極めているからこそ、警察官に向いていないと判断した生徒を徹底的にはじき出す。なぜなら現場に立つ警察官にとって小さなミスも命とりになるから。

 また風間は、一部の生徒にはマンツーマンで指導に当たる。まさに修羅場ともいえる試練を与え、極限まで追い詰め、心を折ることも辞さない。風間の真の意図とは…?果たして風間の指導を受けた生徒たちは、“覚醒”し、自らの本質に気づくことができるのか?

<木村拓哉 クランクイン前コメント>
◆今作の出演オファーを聞いていかがでしたか。

「警察という組織を描いている作品は数多くあるのですが、今作は内容が非常に刺激的だと思いました。警察という機関の根っこの部分、警察官になってからではなく警察官になるまでの話を描いており、色々なエピソードを盛り込んでいるので、その着眼点もすごく面白いなと思いましたし、やりがいも感じました。クランクインするずいぶん前から、すぐ10分後にでも撮影を始めたいという気持ちでいました(笑)。共演者の方々の今作への熱も感じていますし、とても楽しみです。また、中江功監督という存在は自分にとっては教官に近い存在なので、再び共同作業ができる事を非常にうれしく思います」

◆脚本を読まれていかがでしたか。

「原作がある作品ではありますが、脚本はそれをスマートにかつ、君塚さんならではの肉付けをしていただきました。原作も読みやすいのですが、脚本も非常に読みやすかったです。原作、脚本どちらも読み物として面白いので、逆に具現化するのは非常にハードルが高いなとも思いました」

◆ご自身の役どころについて、どのように捉えていますか?

「風間は非常に動物的な感覚を持っていると感じました。今の世の中の方針とは真逆だとは思うのですが、肉体的にも精神的にもすごく相手に対して間合いを詰めた状態で教育・指導していく人です。教官という立場ながら退校届をすぐに生徒につきつけるというというのがひとつのポーズとしてあるのですが、警官を育成していくという点では一切手を抜いてない。キャラクターとしては非常に魅力ある人物像だと思います」

◆役作りについて、事前にやったことなどありますか?

「監督と実際の警察学校の見学に行かせていただいたり、話し合いをしたりする中、原作から脚本にする段階で、風間の置かれている状況や経験した過去の部分で新たに脚色をさせていただいたところがあり、風間というキャラクターを自分なりに掘り下げながら、みんなで一緒に作り上げているつもりです。脚本は既に出来上がっていますが、撮影する現場において、いらないものはどんどん削っていくでしょうし、必要なものはどんどん足していくことになると思います。それはきっと、現場で人と人が対峙した時に発せられるモノから作りあげられるモノなのだと思います」

◆個人的に注目の見どころは?

「もうありすぎて…(笑)。非常に中身が濃くて、いろいろなエピソードがあるのでどれも楽しみです。所作指導で少し動いただけで、普段全く使っていない筋力・エネルギーが必要なのだと体感しました。街で見かける交番に勤務されている方や、道路で笛を吹いて旗を振ってくださっている方など、僕らが普段目にしている、お世話になっているあの方達もみんなここ(教場)を通っていますからね。そういう不思議な感覚があります。フィクションではありますが、警察の方々が通ってきた場所を僕らで今、作っているというのが非常に責任も感じるし、楽しみでもあります」

◆武道場での剣道シーンがありますが…。

「剣道をドラマの中でやるのは初めてです。剣道は経験があるので、いろいろな経験が今になって生きるのだと思いました」

◆楽しみにしている視聴者にメッセージをお願いします。

「おそらく見たことのない、味わったことのない作品になると思うので驚く方が多いのではないかと思います。作る側としては、僕らの責務として全力で作品を作るしかないので、楽しみに待っていていただけたら、と思います」

<原作・長岡弘樹 コメント>
「主人公である教官、風間を造形するにあたり、最も心掛けたことは、その正体を誰も知らない謎めいた人物にする、ということでした。原作者である私にも、彼について未知の部分がまだいろいろあります。このキャラクターが、日本中で知らない人がいない俳優、木村拓哉さんの強烈な存在感で演じられたとき、画面の中でどれほど予想を超えた化学反応が起きるのか。いまから楽しみでなりません」

<脚本・君塚良一 コメント>
「木村さんのドラマが好きで、いつか一緒に作りたいなと思っていました。楽しみです。木村さん演じる教官は、容赦しないやり方で生徒を厳しく育てます。体罰でなく、熱血でもない。彼の教え方は、これからの教師とは何かを示すでしょう」

フジテレビ開局60周年記念特別企画『教場』
フジテレビ系
2020年新春 二夜連続放送

<出演者>
木村拓哉

<スタッフ>
原作: 長岡弘樹『教場』シリーズ(小学館)
脚本:君塚良一
演出:中江功
プロデュース:中江功、西坂瑞城、髙石明彦(The icon)

制作協力:The icon
制作著作:フジテレビ

オフィシャルサイト:https://www.fujitv.co.jp/kyojo/
公式Twitter:https://twitter.com/kazamakyojo

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える