• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

清水富美加、飯豊まりえらの“裏の顔”が怖すぎる…「暗黒女子」予告編解禁

映画「暗黒女子」 清水富美加、飯豊まりえW主演の映画「暗黒女子」のポスタービジュアルと予告編が解禁された。

 本作は、読んでイヤな気持ちになる最悪の結末だが、後味が悪ければ悪いほど“クセ”になってしまう魅惑のミステリー=<イヤミス>の傑作、秋吉理香子の小説「暗黒女子」を映画化。セレブな名門女子高を舞台に、カリスマ女子高生・白石いつみの謎の死を巡り、彼女をとりまく文学サークルの仲間たちの壮絶なダマし合いを描く。
 清水富美加と飯豊まりえがW主演し、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈と注目の最旬若手女優の華麗なる競演が実現。それぞれがキラキラと輝く暗黒(裏の顔)を放つ、魅惑的な悪女を演じる。また、女子高唯一の男性キャラクターとなる教師役で千葉雄大が出演する。

 予告編では、文学サークルのメンバーたちの裏の顔が明らかに。

真相を探る副会長/澄川小百合役:清水富美加
「あなたたちごときでは、彼女の美しさに傷をつけることはできない」
美しい微笑を浮かべながら、静かな怒りをにじませる清水富美加

死んだ学園のカリスマ/白石いつみ役:飯豊まりえ
「皆さん、私を殺してやりたいと思ってるんでしょ?」とサークルメンバーを脅す飯豊まりえ

女子高生作家/高岡志夜役:清野菜名
「まずは学業優先」と言いながら、中年男性と腕を組み怪しい表情を浮かべる清野菜名

ブルガリア人留学生/ディアナ・デチェヴァ役:玉城ティナ
「私は計算高いんです」 花壇の花を踏みつけ、人形にナイフを突き立てる玉城ティナ

老舗料亭の娘/小南あかね役:小島梨里杏
「そんな横暴許されません!」と誰かを罵る、小島梨里杏

学園一の秀才/二谷美礼役:平祐奈
「この学院に私の居場所はなかった」お金を受け取り、笑みを浮かべ、トイレから老人と出てくる平祐奈

文学サークル顧問/北条先生:千葉雄大
「先生呼び禁止」生徒と抱き合い、禁断の恋に走る千葉雄大

<出演者コメント>

■清水富美加

全員かわいい女の子たちがどういう嘘をついたり騙したりするのか、観たことのない裏の顔を観たいなと思わせられる予告編になっていると思います。本作はいつみの死を登場人物それぞれの視点で語っていきますが、誰が本当のことを言っていて嘘をついているのか探るような気持ちで観てしまいます。全てが仕組まれていて女子って怖いな!と思ってしまう最悪の結末が待っていますので、それが何なのかを、同性である女子にも、そうではない男子にもぜひ観て頂きたいです。

■飯豊まりえ

私が演じさせていただいた白石いつみという役は、誰もが憧れる学園のマドンナという普段の自分とはかけ離れている様な役柄でした。自分にない、魅惑的な女性像を監督の耶雲さんから求められました。私は最初から最後までいつみちゃんがとても苦手で、正直嫌いで。この役と向き合う上で、ある意味自分自身をダマしながら演じていたのかもしれません(笑)。今までにない感覚をおぼえました。ラストまでかなりテンポ感のある後味悪すぎるイヤミスになっています。まともに見える人ほどまともじゃないのかな?なんて妄想が膨らむ様な作品です。

『暗黒女子』予告編

<ストーリー>
セレブ女子高生たちが通う、聖母マリア女子高等学院。ある日、学院の経営者の娘で、全校生徒の憧れの的だった白石いつみ(飯豊まりえ)が謎の死を遂げる。校舎の屋上から落下したのだが、自殺か他殺か、それとも事故なのか文からない。やがて、いつみが主宰していた文学サークルの誰かが彼女を殺したという噂が立つ。親友だったいつみから会長を引き継いだ澄川小百合(清水富美加)は、部員が自作の物語を朗読する定例会を開催する。今回のテーマは「いつみの死」。それぞれを“犯人”と告発する作品を発表していく。物語は5つ、動機と結末も5つ──果たして真実はどれ?

映画「暗黒女子」
2017年4月1日(土)“嘘つきの日”公開

出演:清水富美加、飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏/平祐奈/千葉雄大

原作:秋吉理香子『暗黒女子』(双葉文庫)
監督:耶雲哉治
脚本:岡田麿里

制作プロダクション:ROBOT

配給:東映/ショウゲート

公式サイト:ankoku-movie.jp

©2017「暗黒女子」製作委員会©秋吉理香子/双葉社

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える