CLAMP『東京BABYLON 2021』TVアニメ化決定!初期名作が30年の時を経て蘇る | TV LIFE web

CLAMP『東京BABYLON 2021』TVアニメ化決定!初期名作が30年の時を経て蘇る

アニメ
2020年10月26日

国内コミック総売上数1億部を超え、世界で熱狂的な支持を得る漫画家集団“CLAMP”の伝説的作品「東京BABYLON」が、2021年の東京を舞台に、30年の時を経てTVアニメ化されることが明らかとなった。

TVアニメのタイトルは『東京BABYLON 2021』。アニメーション制作は、劇場版「マルドゥック・スクランブル」シリーズをはじめとした美しく繊細な映像を数多く手掛け、「K」シリーズや新作「プレイタの傷」など、オリジナルアニメーションでも高い評価を得るGoHandsが担当する。

原作の「東京BABYLON」は、新書館の「サウス」「月刊ウィングス」にて1990年から1993年にかけて連載されたCLAMP初期の傑作とも称される漫画作品だ。

陰陽師として様々な霊的事件を解決していく主人公・皇 昴流(すめらぎ すばる)と双子の姉・北都、さらに謎多き人物・桜塚星史郎と、魅力的なキャラクターたちが紡ぐ人間模様はもちろん、世相を映した社会派ドラマとしての魅力も持つ。

今回のTVアニメでは、2021年の東京を舞台にストーリーが展開していくとのことで、令和の時代に描かれる物語の表現にも期待が高まる。キャストやスタッフ陣など、今後明らかにされるであろう情報にも注目だ。

また、TVアニメ化発表と共にティザービジュアルも公開。東京の夜景を背に、陰陽師装束に身を包んだ昴流が舞う美麗なビジュアルだ。さらに第1弾PVも公開されており、いち早くアニメーション映像を垣間見ることができる。

<動画>

第1弾PV

<番組情報>

『東京BABYLON 2021』
2021年放送

原作:CLAMP「東京BABYLON」
アニメーション制作:GoHands

<WEB>

公式サイト:https://tokyobabylon2021.jp
公式Twitter:https://twitter.com/tokyobabylon21

©CLAMP・ST/TOKYO BABYLON 2021 PROJECT