『ちびまる子ちゃん』8月は超豪華ゲスト声優まつり 1週目はゆりやんレトリィバァ

アニメ
2021年07月18日

アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系 毎週(日)後6時~6時30分)で、8月の1か月間を“~まるちゃん大好き!8月のゲスト声優まつり~”と題し、5週連続で豪華ゲスト声優が出演することが決定。8月1日(日)放送の第1弾には、ゆりやんレトリィバァが登場する。

ゆりやんが演じるのは「まる子、楽しいお姉さんに出会う」に登場する元気なお姉さん。お姉さんは、モモという名前の犬を飼っており、たまたま大阪から祖父母がいる静岡に遊びに来ていたところでまる子たちと出会う。
ゆりやんをモデルに書かれたというお姉さんは、努力家で知られるゆりやんに似て、諦めない強い気持ちを持っており、常にポジティブなオーラをまとっている女性。一緒に過ごすうちに、そんな前向きな雰囲気がまる子やその友達にも伝わり、徐々にみんながゆりやんのポジティブパワーに包まれていくという温かい話になっている。

アフレコは、まる子役のTARAKOとゆりやんの収録が一緒に行われ、終始笑いに包まれる楽しい収録となった。子供の頃から『ちびまる子ちゃん』の大ファンだというゆりやんは、モニターに映る自身の演じるキャラクターに大興奮。ときおり緊張した様子を見せながらも、持ち前の器用さで役を演じ切り、収録はとてもスムーズに進んだ。お話の後半では、ゆりやん演じるお姉さんの元気なダンスも登場予定だ。

1日の放送以降も、8月の『ちびまる子ちゃん』には超豪華なゲスト声優が毎週登場する予定。お笑い界や俳優として活躍する面々がおなじみの清水の町で、まる子と家族や友達との暮らしの中に新たに登場するキャラクターを演じる。

<8月1日(日)放送『まる子、楽しいお姉さんに会う』の巻(ゲスト:ゆりやんレトリィバァ)あらすじ>

ある日、公園でまる子とたまちゃんは、大阪から来ているというお姉さんに出会う。お姉さんの連れている犬の名前は、奇遇にも「モモ」ちゃんであった。みんなに笑顔を分けてくれるお姉さんと、すっかり意気投合したまる子たち。そして、お姉さんが大阪に帰る日の前日、ある事件が起こる。

ゆりやんレトリィバァ コメント

◆『ちびまる子ちゃん』に出演すると決まったときの感想は?

「うれしすぎました~。子供の頃からまるちゃん大好きで、私はまるちゃんと家族構成が全く一緒で、私が妹なので、まるちゃんと同じ立場で。まるちゃんと一緒に生きてきたみたいな感じで大好きなので、夢みたいです」

◆実際に演じてみていかがでしたか?

「信じられなくて、まず、TARAKOさんとお会いできたこともうれしいと思いましたし、本当に私にそっくりなお姉さんのキャラクターを作っていただいて、それがまるちゃんとか、たまちゃんとか、みんなが私としゃべってくれているという状況が、信じがたくてうれしくて、感動しました。実感がないくらい、感激感激です」

◆今後も声優に挑戦してみたいですか?

「ぜひお願いします! それもまた大きな夢のひとつです。ありがたいです」

◆楽しみにしている視聴者にメッセージを

「まるちゃんの世界に入らせていただいて、非常にありがたく、うれしいです。ありがとうございます! 私自身が子供の頃から見ていたまるちゃんの世界に入っていることが信じられなくて。まるちゃんの家にもあがらせてもらって、夢がかなったと言うか、ありえないと思っていることってかなうことってあるんだなって思いました。皆さんにもそんなふうに夢がかなうことがあるんだってことをお伝えしたいです!」

『ちびまる子ちゃん』
フジテレビ系
毎週(日)後6時~6時30分

<キャスト>
まる子(声:TARAKO)
お父さん(声:屋良有作)
お母さん(声:一龍斎貞友)
おじいちゃん(声:島田敏)
おばあちゃん(声:佐々木優子)
お姉ちゃん(声:豊嶋真千子)

<スタッフ>
原作:さくらももこ
脚本・制作協力:多田弘子(さくらプロダクション)
プロデューサー:髙野舞(フジテレビ)、田中伸明(日本アニメーション)
監督:高木淳(日本アニメーション)
制作:フジテレビ、日本アニメーション

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/maruko/
ちびまる子ちゃん公式サイト:http://chibimaru.tv/

この記事の写真

©さくらプロダクション/日本アニメーション