ゆりやんが女子高生役でドラマ初主演!共演に佐藤寛太、加藤諒、島崎遥香ら | TV LIFE web

ゆりやんが女子高生役でドラマ初主演!共演に佐藤寛太、加藤諒、島崎遥香ら

ドラマ
2019年12月07日
『ハゲしわしわときどき恋』

 ゆりやんレトリィバァが、2020年1月2日(木)に放送される『ハゲしわしわときどき恋』(テレビ朝日)でドラマ初主演を務める。

 本作は、夫に先立たれケアハウスで暮らす71才の主人公・マチコが初恋の相手・海野と50年ぶりに再会するラブストーリー。“高校最後の恋”と“人生最後の恋”を交錯させ、PRINCESS PRINCESSの「世界でいちばん熱い夏」など70~80年代の名曲に乗せてミュージカル仕立ててで描く。

 ゆりやんは、女子高生時代の18才のマチコ役。ドラマ初主演の大役に「率直に驚きました!“私でいいんですか?”という思いでした。でもミュージカルは見に行くのも、遊びでマネするのも大好きなので、めちゃくちゃ撮影が楽しみでした」と大喜び。

 撮影を通して「私はいつも自分で書いたコントを披露しているのですが、この撮影で、これまで演技をしているようでしていなかったんだなって痛感しました。素晴らしい俳優さん、女優さんが目の前で演技されているのを見て、ひとつのセリフでも感情をこめるとこんなに変わるものなんやと感動しました」と刺激を受けた様子。

 ダンスシーンはほぼワンカットの長回し撮影だったが、「ダンスはもともと大好きだったので、練習も楽しくてダンスシーンの撮影が終わるのがさみしかったくらいです」と語り、「シンプルに笑って楽しんでもらえる作品やと思いますし、ミュージカルシーンも本当に面白いので、ぜひ“落ち着いて見てやーー!”」と、おなじみのフレーズに絡めてアピールしている。

 71才のマチコ役は草村礼子。他に海野役で劇団EXILE・佐藤寛太と斉木しげる、マチコを思い続ける幼なじみの栗田役で加藤諒と春海四方、ケアハウスの介護士・うらら役で島崎遥香が出演する。

©テレビ朝日