竹野内豊&佐藤健&井之脇海が主人公!『義母と娘のブルース』SPドラマ連動のParaviオリジナルストーリー配信決定 | TV LIFE web

竹野内豊&佐藤健&井之脇海が主人公!『義母と娘のブルース』SPドラマ連動のParaviオリジナルストーリー配信決定

ドラマ
2019年12月12日
『義母と娘の間のフェルマータ』

 2020年1月2日(木)に放送される『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』(TBS系)のParaviオリジナルストーリーの配信が決定。竹野内豊、佐藤健、井之脇海が主人公を演じ、3本立てで配信される。

『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による4コマ漫画「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)を原作に、2018年7月クールにTBSの火曜ドラマ枠で放送。主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間を描いた。スペシャルドラマは、連ドラの1年後をオリジナルストーリーで送る。

 配信が決定したParaviオリジナルストーリー『義母と娘の間のフェルマータ』は、義母・亜希子(綾瀬はるか)と娘・みゆき(上白石萌歌)のブルースの間にある男性3人の物語。本作には欠かせない竹野内豊、佐藤健、井之脇海の3人を主演に迎え、3本立てで描く。綾瀬や上白石、浅利陽介ら連ドラのレギュラーキャストのほか、個性豊かな俳優陣も出演する。

 スペシャルドラマとParaviオリジナルストーリーは、同じ時間軸で物語が進行。両作がところどころで複雑に絡み合い、リンクするのも見どころのひとつ。タイトルにある“フェルマータ”とは、楽曲の途中で小休止する記号のこと。スペシャルドラマの劇中、どこかが“小休止”をした時、竹野内、佐藤、井之脇が主演のそれぞれの物語が動きだすという構成になっている。

<プロデューサー・飯田和孝 コメント>
『義母と娘の間のフェルマータ』は、ただの「小休止」的なサイドストーリーではありません。本編のシーンとシーンをつなぐ接着剤のようであり、本編をさらに面白く仕立て上げる調味料のようでもあります。本編を見た後にオリジナルストーリー、そしてまた本編を見る…というふうに、『義母と娘のブルース』を楽しんでいただければうれしいです。

『義母と娘の間のフェルマータ』
映像配信サービス・Paraviで配信

佐藤健編
2020年1月2日(木)後11・20~

竹野内豊編
2020年1月3日(金)後9・00~

井之脇海編
2020年1月4日(土)後9・00~

<出演者>
【竹野内豊編】
竹野内豊
佐藤健
天野義久
白羽ゆり
MEGUMI
浅利陽介
綾瀬はるか

【佐藤健編】
佐藤健
上白石萌歌
中村静香
鈴之助
谷口翔太
綾瀬はるか

【井之脇海編】
井之脇海
佐藤健
上白石萌歌
真凛
増田修一朗
原田佳奈
MEGUMI
綾瀬はるか

©TBS