『女子グルメバーガー部』に紅ゆずる、ジャンポケ太田、ラバガ大水ら、主題歌はeill | TV LIFE web

『女子グルメバーガー部』に紅ゆずる、ジャンポケ太田、ラバガ大水ら、主題歌はeill

ドラマ
2020年06月22日
『女子グルメバーガー部』

 7月10日(金)スタートのドラマ25『女子グルメバーガー部』(テレビ東京ほか 深0・52)に、太田博久(ジャングルポケット)、大塚ヒロタ、大水洋介(ラバーガール)優実、紅ゆずる、佐藤貢三、少路勇介、橋本一郎、坂東彦三郎、本多力、光石研、山村美智が出演することが決定した。

 本作は、今ひそかにブームになっているグルメバーガーの魅力にハマった12人の女子たちが主人公。12人の中から毎回2人の悩める女子が登場し、これまで食べたことのないグルメバーガーを頬張ることで少しだけ前向きになる、オムニバス形式のグルメコメディドラマ。

 また、主題歌に注目のシンガーソングライター・eillの「踊らせないで」が決まった。

<太田博久(ジャングルポケット)コメント>
今回は人生初めてのドラマ撮影ということで、ガチガチに緊張しましたが、新進気鋭の若手女優の皆さんや、光石研さんと言う素晴らしい俳優さんと共演させていただき、胸をお借りして、俳優太田としての最高のスタートが切れたのではないかと自負しております。そして、何よりバーガーにまつわるすてきなストーリーと、美女達が大胆にバーガーを頬張る姿は、見ている皆様の胃液を分泌させること間違いありません!

<大水洋介(ラバーガール)コメント>
今回、実在する店員さんの役をやらせてもらいました。撮影前にお店に下見をしに行き、僕が演じる店員さんにお話を聞いて役のイメージを固めていきました。…すいません、本当は、僕の役は本番でグルメバーガーを食べるシーンがないのでどうしても食べてみたくて行っただけです。最高においしかったです!

<岡田浩暉 コメント>
今から25~6年前だったでしょうか。レコーディングでロサンゼルスに1か月くらい行っていたことがあるのですが、そこで食べたハンバーガーが本当に衝撃でした。おいしくて大きく食べ応えがあって。あれを越えなくてもいいんですが、同じ風なハンバーガーが日本でも出て来ないかなぁとずっと待っていましたが、しばらくは日本で見ることは全くありませんでした。ようやく最近になって海外のものも上陸したのですが、あの頃の様なおいしさに出会うことはありませんでした。で、今回。この『女子グルメバーガー部』に参加させていただき、実在するあるバーガーショップのオーナー役をさせていただきました。たくさんのこだわりを語ることもあり、一度食べてみようと撮影の夕食休憩中に一押しのメニューをシェフに頼んで作ってもらい食べたのですが、もう、あのロサンゼルスのバーガーを遥かに越えた一品でした。量感もあるし、何より日本人の細やかさが味をググッと格上げしていて、一口一口うれしさが湧いてくるようなバーガーでした。また絶対に行きますし、この番組に参加させていただき本当に良かったです。いや、確信しました。バーガーはきっとこれからの日本の食文化でその存在感を増してくると思います。そう言った意味でもこの番組、ぜひ皆さんにご覧いただきたいです。

<勝矢 コメント>
舞台となるグルメバーガー屋は地域にとても愛されたお店で、店長の人柄がそのまま出ているとても素晴らしいお店なんです。そして、自分の役がその店長の役。撮影中ずっとつきっきりでいてくれた店長さんとたくさん話してその人柄と雰囲気をできるだけ盗もうとしました。その雰囲気を背負ってどう演じれたかはしっかりと見てください。まぁでもおいしいグルメバーガーを作る人に悪い人はいませんね~。

<河合優実 コメント>
実際のお店の味を知るため事前に足を運ぶことができたのはラッキーだったのですが、今回は提供する側の店員・れな役を演じさせていただいたので、撮影当日はためらいなくバーガーにかぶりつく女子たちを目の前にお預け状態なのがたまらなくツラかったです…!きっと観る方々も今すぐ食べたくなる最高の“飯テロ”ドラマになっているかと思います。

<紅ゆずる コメント>
今回が宝塚歌劇団を退団して初めてのドラマ撮影となりました。男役を突き詰めてきたので、映像でリアルな女性を演じることは私にとって挑戦でした。演じましたお役は実際のグルメバーガー屋のボスさんで、現場にもご本人がいらっしゃる中での撮影だったので、役のイメージを作り上げるのに参考にさせていただきました。新しい環境に戸惑うこともありましたが、これが退団後に私が選び、進んでいく道なのか…とあらためて強く感じました!この作品が私の初ドラマ出演!トップスターからの初挑戦の右も左も分からない現場は、一生忘れられない思い出になりそうです!これからもたくさん経験を積んで成長していきますので、応援よろしくお願いします!

<佐藤貢三 コメント>
女子、ハンバーガー、しかもグルメバーガー!正気の沙汰とは思えない縛りを勝機とした攻めた本企画。お店のこだわりはオーナーの人生を反映するものです。そのスピリッツをドラマを通じて感じてください。そして、女子部員たちとともに「明日も頑張ろう」という気持ちになっていただけたのならもう言うことはありません。…あ、言うことあった、心残りは数々のバーガーを目前にしながら胃袋で感じることができなかったこと。そして男子部が無いこと!

<少路勇介 コメント>
行列必至の有名店の料理長をやらせていただきました少路勇介です。今回のドラマは、お店側からの視点と言う事もありより細かくバーガーの魅力や作り手のこだわりが丁寧に描かれている所が見どころですね。僕自身もグルメバーガーのイメージがグルメバーガー=芸術作品に変わりました。バーガーへの情熱が伝われば良いなと思います。見終わったらきっと食べたくなります。他の回のグルメバーガー、店長も楽しみです。ぜひお腹を空かしてご覧ください!

<橋本一郎 コメント>
お店に実際に食べに行ってから、撮影に臨みました。お店スタッフ皆さまも指導に入って下さり、ていねいに作業シーンを組み上げていきました。バーガーはもちろん、そうした作業行程も、鑑賞後実際店舗で見て、味わっていただくのも楽しいと思います。女子グルメバーガー部。よろしくお願いします。

<坂東彦三郎 コメント>
現場の雰囲気がとても良かったため、演じるというより自然とグルメバーガーに夢中になっていました。とにかくおいしいのでガツガツ食べてしまいました。あまりにもおいしいので、カットの声がかかってもなりふり構わず食べ続けていました。グルメバーガーのおいしさが、自分の新しい演技を引き出してくれた、そんな幸せな作品となりました!

<本多力 コメント>
僕が演じた片寄店長は『女子グルメバーガー部』というタイトルからは想像していなかったハードボイルド寄りのキャラクターでした。実際の片寄店長は笑顔が素敵な柔らかい方でしたが、元ベーシストと聞いてからは瞳の奥にハードボイルドを感じるようになり、僕の気持ちはさらに高まりました。本田監督はじめスタッフの皆さんともにライブハウスでグルメバーガーとハードボイルドに向き合った時間は刺激的な時間でした。

<光石研 コメント>
『女子グルメバーガー部』に出演させていただきました。共演したのが、ジャングルポケットの太田さん!実は私、ジャンポケの大ファンでして!夜な夜な1人酒しながらコント動画見ていたので、今回うれしかったです!さすがコント師、抜群の反応で本当にお芝居やりやすかったです!とても刺激のある現場でした。

eill
eill

<主題歌担当・eill コメント>
今回この『女子グルメバーガー部』ドラマ主題歌が決まったとき、初めての主題歌ということもあり、不安な気持ちもありましたが、台本を読ませていただき、バーガー部の一人一人の悩みや葛藤に寄り添って、バーガーを食べたあとのような、明日も頑張ろう。私なら大丈夫。と思えるような楽曲になればと思い、「踊らせないで」という曲を作りました。ぜひ、金曜日の夜。1週間頑張った皆さんに、聴いてほしいです!

ドラマ25『女子グルメバーガー部』
テレビ東京、テレビ大阪 ほか
7月10日スタート
毎週金曜 深0・52~1・23

メインキャスト:瑛茉ジャスミン、大原優乃、北村優衣、佐々木美玲(日向坂46)、福田愛依、松田るか、松本妃代、宮﨑優、宮下かな子、矢島舞美、山口まゆ、横田真悠、

出演:太田博久(ジャングルポケット)、大塚ヒロタ、大水洋介(ラバーガール)、岡田浩暉、勝矢、カトウシンスケ、河合優実、紅ゆずる、佐藤貢三、少路勇介、橋本一郎、坂東彦三郎、本多力、光石研、山村美智

ナレーション:小林克也

公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/jgbb/

©「女子グルメバーガー部」製作委員会