篠原涼子は着物姿でクランクアップ!8・5『ハケンの品格』最終回 | TV LIFE web

篠原涼子は着物姿でクランクアップ!8・5『ハケンの品格』最終回

ドラマ
2020年08月05日

ハケンの品格

8月5日(水)に最終回が放送されるドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)の撮影が、先日オールアップを迎えた。

13年の時を経て復活した篠原涼子主演の『ハケンの品格』は、発表当初から話題を呼び、前作が特別編として放送されると、当時を懐かしむ声や出演者の今も変わらない姿に驚きの声が上がっていた。

梅雨明けの晴天で日差しの強い撮影ラストの日、大前春子(篠原)は着物姿で登場。2020年版『ハケンの品格』のラストシーンを締めくくった。

その後、それぞれが苦難を乗り越えたスタッフ、出演者ら仲間を労い、別れを惜しむあいさつを終え、最後は“初代メンバー”で記念撮影。13年前たった今でも健在だった“チームハケンの品格”は笑顔で締めくくられた。

篠原涼子 コメント

コロナの影響で撮影の一時中断などがありましたが、約半年、家族やスタッフ、キャスト、そして視聴者の皆さまに支えられてクランクアップを迎える事ができました。本当にありがとうございました。最終回にふさわしい内容になっておりますので、ぜひご覧いただけたらと思います。

最終回あらすじ

里中(小泉孝太郎)が人生を賭けたコンビニプロジェクトだったが、パイロット店舗での内覧会で、株主や投資家たちには評判が悪かった。本来のターゲットである働く女性や、子育てを頑張るお母さんたちと彼らとは客層が違ったのだ。さらに宮部社長(伊東四朗)は、大前春子(篠原涼子)提案の、レジ横で売るアジフライを止めるよう命令する。AIによるとアジフライで成功する確率は0.001%。
それでも春子の思いつきの方を信じるという里中に、宮部社長はAIと春子との勝負を提案し、決着を囲碁対決でつけることに。東海林(大泉洋)は汚い手を使っても勝てと春子に助言するが、春子の戦い方はみんなの想像をはるかに超えていて…。
そんな中、ターゲット層の女性客をコンビニの内覧に集める時がやってくる。夜中に海へと出て、とってきたアジを会社の厨房で揚げ始める春子。ところがそこでトラブルが発生!なんと春子は初めての派遣切りに遭ってしまう!
「私としたことが…」
まだ何も知らないみんなが待つコンビニへと、遅れてやって来た春子は…。

番組情報

『ハケンの品格』最終回
日本テレビ系
8月5日(水)後10・00~11・00

出演:篠原涼子、小泉孝太郎、勝地涼、杉野遥亮、吉谷彩子、山本舞香、中村海人(Travis Japan/ジャニーズJr.)、上地雄輔、塚地武雅(ドランクドラゴン)、大泉洋(特別出演)、伊東四朗

Web

番組HP:https://www.ntv.co.jp/haken2020/
番組Twitter:https://twitter.com/haken_ntv