美 少年・那須雄登と浮所飛貴が一触即発!『真夏の少年』第3話でけんかシーン | TV LIFE web

美 少年・那須雄登と浮所飛貴が一触即発!『真夏の少年』第3話でけんかシーン

ドラマ
2020年08月14日

『真夏の少年~19452020』

ジャニーズJr.の6人組・美 少年が主演する『真夏の少年~19452020』(テレビ朝日系(金)後11・15ほか)の第3話(8月14日放送)で、那須雄登と浮所飛貴がつかみ合いのけんかをするシーンの場面写真が公開された。

美 少年がグループで連ドラ初主演を務める話題作。“日本一雷が落ちる町”こと富室町を舞台に、メンバー6人が演じる個性豊かな高校生たちが戦時下からタイムスリップしてきた軍人・三平(博多華丸)とのひと夏の交流を通して成長していく姿を描く。

那須は、学校一の秀才で教師からの信頼も厚い生徒会長の道史役。自分に過剰なまでに干渉してくるモンスターペアレントの母・奈津子(水野美紀)の存在が最大の悩みの種で、第2話のラストではついに家出をした。

『真夏の少年~19452020』

いっぽう、浮所は同じヤンキーの竜二(岩﨑大昇)、悟(佐藤龍我)とつるむ篤役。道史に対して思うところがあるようで、ささいなきっかけから「おまえみたいなマザコン野郎が一番ムカつくんだよ!」と怒りをぶつける。

同じ年齢で普段から仲のいい那須と浮所。2人の迫真の演技に注目だ。

  1. 1
  2. 2