『青天を衝け』吉沢亮、高良健吾、橋本愛が渋沢栄一の故郷・埼玉でロケ【コメントあり】 | TV LIFE web

『青天を衝け』吉沢亮、高良健吾、橋本愛が渋沢栄一の故郷・埼玉でロケ【コメントあり】

ドラマ
2020年09月10日

『青天を衝け』

2021年放送の大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合ほか)が、9月5日に埼玉県にある鎌形八幡神社でロケを行い、主演の吉沢亮、高良健吾、橋本愛からコメントが届いた。

今年7月下旬にクランクインし、新型コロナウイルス感染症対策をとりながら撮影を進めている本作。9月5日は、物語序盤の舞台である埼玉県でロケを行い、渋沢栄一(吉沢)、渋沢喜作(高良)、尾高千代(橋本)の幼なじみ3人組の運命が大きく動き始める…というシーンが撮影された。

大河ドラマ60作目となる『青天を衝け』は、吉沢亮主演で新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一の波乱万丈な人生を描く。脚本は連続テレビ小説『風のハルカ』『あさが来た』などの大森美香が担当する。

主演の吉沢のほかに、小林薫、和久井映見、村川絵梨、藤野涼子、高良健吾、成海璃子、田辺誠一、満島真之介、橋本愛、岡田健史、平泉成、朝加真由美、竹中直人、渡辺いっけい、津田寛治、草彅剛、堤真一、木村佳乃、平田満、玉木宏の出演が発表されている。

  1. 1
  2. 2