『誰かが、見ている』真一(香取慎吾)&レッツ大納言(稲垣吾郎)の出会いのシーン映像解禁 | TV LIFE web

『誰かが、見ている』真一(香取慎吾)&レッツ大納言(稲垣吾郎)の出会いのシーン映像解禁

ドラマ
2020年09月18日

『誰かが、見ている』

三谷幸喜が脚本・演出を務める香取慎吾主演Amazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』から、主人公の舎人真一(香取慎吾)と、レッツ大納言(稲垣吾郎)の出会いのシーンを映し出した本編映像が解禁された。

本作は、失敗ばかりなのになぜか憎めない主人公・舎人真一(香取)と、隣人の粕谷次郎(佐藤二朗)をはじめとする個性あふれる登場人物たちが巻き起こす騒動を描いた、笑いに満ちあふれたシチュエーションコメディ(シットコム)。

三谷の演出による思いがけない仕掛けの数々と、香取のユーモラスな演技により、舞台でもない、テレビドラマでもない、全く新しい形のライブ感あふれる新感覚エンターテイメントに仕上がっている。

【関連記事】稲垣吾郎、香取慎吾と7年ぶりドラマ共演「面白かったし、うれしかった」

公開された本編映像には、テレビの配線に手こずっていた舎人(香取)と、変装をしてひそかに舎人に会いに来た大人気演歌歌手のレッツ大納言(稲垣)の姿が映し出されている。

「いやー良かった~!こっちです!」と部屋の中にレッツ大納言を案内する舎人。実は舎人の大ファンであるレッツは、初めて訪れる舎人の部屋に感激する。「私が来るのが分かっていたのですか?」というレッツに、「来てくれなかったら僕の方から伺おうかと思っていました!」と返す舎人。どうやら会話が微妙に成立しない。熱いファン心から「お会いしたかったです」と手を差し出すレッツに、少しいぶかしみながらも「僕もです!」と強くその手を握り返す舎人に、会場から大きな笑いが起こる。

微妙に交わらない絶妙な会話のやりとりは、大いに会場を沸かせるが、2人の役者としての共演は『「古畑任三郎VS SMAP」その後…』以来7年ぶり。香取との共演を楽しみにしていたという稲垣は「面白かったし、うれしかったです。皆さんが見ている俳優としての香取慎吾はこういう感じなのか!と不思議でした」と、香取の新たな一面を発見したことを語りながら「普通の舞台やドラマとも違う、これまでにない撮影でしたが、楽しませていただきました。お客様も喜んでいただいて、手応えがありました」と振り返っている。

  1. 1
  2. 2