福士蒼汰がテレ東ドラマ初主演&医師役に初挑戦!『神様のカルテ』2021年1月放送 | TV LIFE web

福士蒼汰がテレ東ドラマ初主演&医師役に初挑戦!『神様のカルテ』2021年1月放送

ドラマ
2020年10月17日

福士蒼汰が、2021年1月クールのドラマ『神様のカルテ』(テレビ東京)に出演決定。福士及び原作者の夏川草介から、コメントが到着した。

現役の医師・夏川草介が、1人の若き医師の苦悩と成長を描いた小説『神様のカルテ』を福士蒼汰主演で初のドラマ化。原作『神様のカルテ』『神様のカルテ2』『神様のカルテ3』『新章 神様のカルテ』の計4冊の長編を、2時間×4話の計8時間という大型スペシャルドラマとして放送する。

物語の舞台は、信州の一地方都市・松本。「24時間、365日対応」の地方病院で働く風変わりな医師が、患者や恩師との別れ、地方医療の現実を経験し、「良い医者とは何か?」を追い求める軌跡を描く。医療現場で患者と接する主人公たちの懸命な姿、真摯に“命”と向き合う姿を通して、“命の尊さ”、“人の優しさ”、“心のつながりの大切さ”を伝える作品だ。

主人公の医師・栗原一止を演じるのは、今回がテレビ東京のドラマ初出演、初主演となる福士蒼汰。俳優生活10年目を迎えた今年は、爽やかなイメージから一転、ダークヒーロー役に挑むなど新境地を開拓し続ける福士が、一見風変りな心優しき内科医を演じる。

今回が初めての医師役となった福士は「いつか医者という役に向き合ってみたいと思っていましたので、お話をいただいた時とても嬉しかったです。専門的な職業ならではの難しさは計り知れませんが、医療についての知識や心構えなど追求していきたいと思います」と意気込みのコメントを寄せている。福士と原作者・夏川草介のコメント全文は、次ページを参照。

  1. 1
  2. 2
  3. 3