乃木坂46・樋口日奈が木村拓哉主演『教場2』に出演、黒髪ショートカットは「運命的な巡り合わせ」 | TV LIFE web

乃木坂46・樋口日奈が木村拓哉主演『教場2』に出演、黒髪ショートカットは「運命的な巡り合わせ」

ドラマ
2020年10月27日

『教場2』(仮)

2021年新春に二夜連続で放送される木村拓哉主演のSPドラマ『教場2』(仮)に乃木坂46の樋口日奈が出演することが決定。樋口がゴールデン帯ドラマに出演するのは初、フジ系ドラマに出演するのも初となる。

本作は、今年1月に新春SPドラマとして放送されて大きな話題を呼んだ『教場』の第2弾。前作に続き、主人公の警察学校“最恐”の教官・風間公親を演じるのは木村拓哉。脚本は『踊る大捜査線』シリーズの君塚良一。演出は、木村とは『若者のすべて』(1994年10月期/フジテレビ系)、『眠れる森』(1998年10月期・主演/フジテレビ系)、『プライド』(2004年1月期・主演/フジテレビ系)などでタッグを組んできた中江功。

樋口は、木村演じる冷徹で“最恐”の教官・風間公親の200期生徒で、争いを好まない温厚な生徒・坂根千亜季を演じる。今回の役作りのため、樋口はデビュー以来守ってきたロングヘアをおよそ30センチカットし、黒髪に染めて撮影に臨んだ。

『教場2』(仮)

  1. 1
  2. 2