神木隆之介がドラマ『おじさまと猫』で猫のふくまる役に「とにかくキュートな物語です」 | TV LIFE web

神木隆之介がドラマ『おじさまと猫』で猫のふくまる役に「とにかくキュートな物語です」

ドラマ
2020年11月25日

おじさまと猫

神木隆之介が、2021年1月クールのドラマパラビ『おじさまと猫』(テレビ東京ほか)で、主人公・神田冬樹(草刈正雄)の愛猫・ふくまるの声を担当することが分かった。

原作は累計140万部を超える、ガンガンpixiv、月刊『少年ガンガン』で連載中の桜井海による同名コミック。愛されることを諦めていた猫と、孤独だったおじさまの心温まる日々を描く。

妻に先立たれて以来、ふさぎこんだ日々を送っていた世界的有名ピアニスト・神田冬樹は、ある日、ペットショップで売れ残っていたブサ猫のふくまると出会う。動物が苦手にも関わらず、一目で惹かれてしまった神田は、思わず「この猫をください」と告げる。 神田にとってふくまるとの生活は驚きの連続だったが、次第に笑顔を取り戻していく。

神木が演じるのは、エキゾチックショートヘアのオス猫・ふくまる。自分を引き取って大事にしてくれる神田を「パパさん」と呼び慕っている。

ふくまる

神木は「このドラマは、とにかく、キュートな物語です。ただ、それだけでなく、ヒューマンドラマでもあり感動もある家族のお話なので、ぜひ心温まっていただけたらうれしいです」とコメントしている。

『おじさまと猫』は動画配信サービス「Paravi」で 2021年1月1日(金)後9時より独占先行配信される予定。

  1. 1
  2. 2