ぺこぱ・シュウペイが『監察医 朝顔 新春SP』で月9初出演「本当に“まさか!まさか!”な感じ」 | TV LIFE web

ぺこぱ・シュウペイが『監察医 朝顔 新春SP』で月9初出演「本当に“まさか!まさか!”な感じ」

ドラマ
2021年01月10日

『監察医 朝顔 新春SP』

1月11日(月)に放送される『監察医 朝顔 新春SP』(フジテレビ系)に、ぺこぱ・シュウペイがゲスト出演することが決定した。シュウペイは本作が初の月9ドラマ出演となる。

本作は、2019年7月期に放送された、主人公で法医学者の万木朝顔(上野樹里)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証”が、生きている人たちの心まで救っていくヒューマンドラマの続編。月9ドラマ初となる2クール連続で放送される。

新春スペシャルでは、全編新撮で朝顔(上野)と桑原(風間俊介)が初めて出会ってから恋人として付き合うまでのことや、朝顔がつぐみを身ごもってから生まれるまでのことなど、これまで描かれることのなかった朝顔たちの物語を描く。

さらに、初めて執刀助手として解剖に臨んだ朝顔のエピソードも明かされる。初めての執刀助手ということで緊張する朝顔たちの元へ運ばれてきた遺体は、特殊造形の作家をしている男性で、第1発見者は小学2年生の男児だった。

遺体は発見時、体中に砂糖がふりかけられているという異様な状況で、遺体の発見現場にあった砂糖ケースからは、男児のものらしき指紋が検出されたという。この男児が一体、どう関わっているのか、刑事たちが測りかねている中、解剖の結果は…。

シュウペイが演じるのは、朝顔と平(時任)が父娘2人旅で訪れた温泉街のまんじゅう店の店主。街を散策中、おいしそうな温泉まんじゅう店を見つけて立ち寄る朝顔と平。扉を開けると、シュウペイ演じるこれまで誰も傷つけたことがないようや優しい雰囲気の店主が、笑顔で2人を迎える。

シュウペイの出演は『Do8(ドエイト)』とのコラボレーション企画で実現。同企画では、3時のヒロインのかなでも『監察医 朝顔 新春SP』に出演を果たしている。

シュウペイ(ぺこぱ)コメント

「『監察医 朝顔』はずっと見ていたドラマだったので、出演の話を聞いたときはびっくりしました。本当に“まさか!まさか!”な感じでした。僕もちゃんとセリフがあったので、緊張しました。かなでちゃんもいい役で出ていますよ」

©フジテレビ