『書けないッ!?』生田斗真&吉瀬美智子の“進化する”ビジュアル第1弾公開

ドラマ
2021年01月10日

『書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』第1話あらすじ

売れない脚本家の吉丸圭佑(生田斗真)は、「香坂りり子」というペンネームで活躍中のベストセラー作家の妻・奈美(吉瀬美智子)、娘の絵里花(山田杏奈)、息子の空(潤浩)と家族4人で平穏な日々を送っている。そう、圭佑は奈美の執筆をサポートするため、家事全般、子どもたちの世話を一手に担う脚本家兼主夫なのだ。
細々と執筆を続けながらも、どこかで「自分には大きな仕事なんてくるはずない…」と思い込んでいる圭佑に、ある日1本の電話が…。その電話の相手は、東西テレビのプロデューサー・東海林光夫(北村有起哉)。なんと、圭佑にゴールデンタイム枠で放送する連続ドラマのメインライターを依頼したいというのだ。
翌日、さっそく東西テレビに向かった圭佑は、東海林、監督・角隆史(小池徹平)、アシスタントプロデューサー・松尾めぐみ(長井短)から、もともとメインライターに決まっていた有名脚本家がけがで降板することになったため、急きょ自分に白羽の矢が立ったことを聞かされる。さらに、ストーリーはおろか、企画内容、タイトルすら何も決まっていない状況にもかかわらず、主演俳優だけは、既にトップスターの八神隼人(岡田将生)に決定していると聞き、あぜんとする圭佑。そんな圭佑に、東海林は「時間がないから明日までに刑事ドラマでストーリー案を考えてきて!」と、いきなりのむちゃブリを受ける。
突然の大抜てきに大喜びする奈美を横目に、大変なことになってしまったと頭を抱える圭佑。奈美にお尻を叩かれ、なんとか階段下の執筆スペースに向かうが……何も思い浮かばない。
圭佑は忙しくなることで、愛する家族や娘・奈美のサポートができなくなるのではないか、と心配する義父母・篠田重幸(小野武彦)と芳恵(梅沢昌代)、そして絵里花目当てに毎日のようにやって来る空の家庭教師・仙川俊也(菊池風磨)らに見守られながら悪戦苦闘。しかも、どんどん追い詰められていく圭佑の前に、謎めいたスキンヘッドの男(浜野謙太)まで現れる。
のんびりと穏やかに暮らしていた圭佑の生活が一変、ドタバタの毎日が幕を開ける。

©テレビ朝日

  1. 1
  2. 2