『麒麟がくる』森蘭丸役の板垣瑞生が初登場「信長のかっこよさを感じてほしい」

ドラマ
2021年01月31日

大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合ほか)で織田信長(染谷将太)の近習・森蘭丸役を演じる板垣瑞生よりコメントが届いた。

1月31日(日)放送の第43回で初登場する板垣は、『麒麟がくる』出演について、「以前『精霊の守り人』でお世話になった方々が『麒麟がくる』のスタッフさんの中に何人かいらっしゃったこともあり、少しでも良いから出演したいなと思っていたところだったので、すごいご縁だなと思いました」とコメント。

役柄については、「森蘭丸は信長の背中を一番近くで見ている人で、実際に僕も染谷将太さん演じる信長を後ろからずっと見ています。今と違って 当時は太陽の光しかない世界ですから、その太陽の光を全身に浴びてかっこいい人、『太陽を味方につける人』が天下を取っていくんだなと思いながら演じていました」と。

そして「蘭丸は信長を献身的に支えます。信長をすごく怖がっていますが、信長にあこがれて背中を追いかけ、信長が一番幸せでいられる状態をつくってあげたいと思っている、若さあふれる人物として今回演じさせていただきました!」と語った。

最後に「クライマックスの『本能寺の変』は、本当にこれ以上ないものにしたいと思いながら演じました。信長を一番近くで慕っている人から見ると、信長ってこのように見えるんだな、本当にかっこよかったんだなと、僕の演技から視聴者のみなさんに感じていただけるとうれしいです」とメッセージを送った。

番組情報

大河ドラマ『麒麟がくる』
NHK総合ほか
毎週(日)後8・00~8・45

©NHK