小泉孝太郎&松下由樹がクランクアップ「皆さん、たいへん良くできました!」『警視庁ゼロ係5』

ドラマ
2021年06月25日

金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON5』に出演中の小泉孝太郎、松下由樹が2人そろって先日クランクアップ。感謝のコメントが到着した。

「スケート選手殺人事件」や「進学校での人質立てこもり事件」、そしてゼロ係メンバーである文平(戸塚純貴)が指名手配となった事件など、今回もさまざまな難事件を解決してきたが、物語もついにクライマックスに突入。

主役・小早川冬彦を演じた小泉孝太郎、寺田寅三を演じた松下由樹の冬寅コンビが、2人そろってクランクアップを迎えた。

まずは松下がシリーズへの熱い思いとスタッフへの感謝を涙ながらに伝え、小泉も「寅三先輩泣かせないでくださいよ!」との冬彦節のツッコミで続き、スタッフはもちろん、バディの松下への感謝を語った。

6月25日(金)放送の第9話では、冬彦の元にマリオネットを名乗る人物から犯行予告が届き、再び脳を抜き取られた女性の遺体が見つかる。10年前にも同様に脳がない3人の女性の遺体が見つかる未解決事件が起きていた中、冬彦は全ての遺体が身元不明であることから犯人は身寄りのない女性を狙ったのではないかと捜査を開始。すると、被害女性たちの過去にはある共通点が。さらに、一匹の亀が事件を新たな展開へと導き…。冬彦たちゼロ係が謎多き未解決事件の闇に挑む。

<松下由樹 コメント>
皆さんお疲れさまでした! ありがとうございました! シリーズものですと、キャストはもちろん、スタッフが変わることも多いですが、ゼロ係のようにシーズン1からプロデューサー、監督、技術の皆さん、チーフの方が変わらないでやれるというのは、すごく恵まれているなって思っています。
小泉さんとこうやって長く共演させていただいて、もう1つ上の、新たなステージを見ることができたというのもとてもうれしかったですし、また皆さんとお仕事できて本当にうれしかったです。
次のステージに上がりましたので、また次、お会いできるのを楽しみにしています!

 

<小泉孝太郎 コメント>
寅三先輩泣かせないでくださいよ!(笑)皆さんまずは、緊急事態宣言の最中、「たいへん良くできました!」。
僕はお気楽に、伸び伸びと自由に楽しく冬彦を演じさせてもらっているんですけど、それは、ずっと支えてくださるスタッフの皆さんがいるからこそだとあらためて感じました。
そして、このシーズン5で何を一番感じたかというと、僕は、なんて素晴らしい女優さんとコンビを組めたのだろう、ということです。
松下由樹さんという素晴らしい女優さんが隣にいてくれるからこそ、冬彦のお気楽な芝居を僕は演じることができている。松下由樹さんがいなければ絶対にここまで来られなかったと思うし、僕も初めて見る景色がいっぱいあったので、何よりも一番は、いつも隣にいて僕を大きな、大きな愛で包んでくれている寅三先輩に感謝です。
そして、どうにかゴールまで来られたことうれしいですし、欲をかいちゃいますけど、来年、寅年なので! また来年、ぜひ皆さんとお会いしたいと思います! ありがとうございました!

金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON5』
テレビ東京系 毎週(金)後8・00

出演:小泉孝太郎、松下由樹、安達祐実、戸塚純貴、石田明(NON STYLE)、本宮泰風 /石丸謙二郎、加藤茶、中山美穂、片岡鶴太郎
9話・10話ゲスト:近藤芳正、小木茂光、長谷川朝晴、金澤美穂、片岡富枝、鼓太郎、松田慎也、内海誠子

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/zerogakari5/

©テレビ東京