『THE HEAD』山下智久が自ら日本語吹き替えに挑戦「字幕版では見逃しがちな画力を感じて」

ドラマ
2021年07月21日
山下智久THEHEAD日本語吹き替え

山下智久がメインキャストの1人として出演したドラマ『THE HEAD』日本語吹替版(全6話)が、7月21日(水)よりオンライン動画配信サービスHuluで配信される。

本作は、南極の科学研究基地で展開される“震撼の極限心理サバイバル・スリラー”。2020年6月の配信開始以降、世界各国で注目を集め、2021年7月現在、アメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、ベルギー、ロシア、中国ほか、アジア、中東、北アフリカを含む世界約60の国と地域で放送・配信されている。

全6話が一挙配信される日本語吹替版では、山下が自らの英語セリフを全て自身で日本語に吹き替え。全編英語セリフに挑んだ撮影時から心機一転、今度は全編日本語セリフで研究員Akiという役柄と向き合った。そんな山下のアフレコ時の様子やインタビュー映像も配信されるほか、今後も当時のメイキング映像の追加配信が予定されている。

山下は2019年夏、日本人キャストたった一人という環境の中、オール海外ロケに参加。今回の日本語吹替版アフレコでは、当時の記憶が鮮明によみがえってきたそうで「あのころは、英語のセリフに感情を乗せる作業がすごく難しく、ただただ撮影についていくのに必死で…。今回アフレコをしながら、毎日もがきながら取り組んでいたこと、そんな僕を支えてくれたスタッフ・キャストの顔を思い出しました。たった3か月のロケでしたけど、世界中に友達ができましたし、飛び込んでよかった。あらためて“一生忘れられない夏”でした」と当時を振り返った。

「自分自身に声を当てるのはほぼ初めての経験で終始不思議な感じ」「すごく難しかった」と苦笑いしながらも、「実は英語のセリフで演じていた時も、僕自身はAkiの言葉や感情を日本語で解釈していたんです。今回日本語であらためて演じることで、気持ちの中にあったAkiをやっと出せたような気がします」と手応えも。「日本語に吹き替えることで、登場人物たちの言葉もダイレクトに皆さんに届くと思います。字幕を追っている時は見逃しがちな画力を感じていただきたい」と力強くアピールした。

配信情報

Huluオリジナル『THE HEAD』日本語吹替版(全6話)
2021年7月21日(水)からHuluで全6話一挙配信スタート(午前0時配信開始)
※アフレコ時の様子&インタビュー映像(午前5時配信開始)

この記事の写真